【ネズミ、アライグマ、ハクビシン】天井のシミは害獣が原因!?放置するとどうなるのか

「家の天井のシミが気になる」方。その原因は、もしかするとネズミやアライグマといった害獣かもしれません。今回は「天井のシミが気になる」方に向けて、「シミができる原因にどのようなものがあるのか」「害獣によるシミを放置するとどうなるのか」など解説しています。皆さんの参考になれば幸いです。

天井のシミ=天井裏に害獣が住み着いている可能性も

天井にシミができてしまうと、何となく陰鬱な感じがして、気味が悪いですよね。

天井裏にできるシミは、一般的には「雨漏り」や「上の階からの水漏れ」によるものだと思われていますが、実は「害獣が住み着いているサイン」である可能性も考えられます。

天井のシミの原因となる害獣は、「イタチ、ハクビシン、アライグマ、ネズミ、コウモリ」と多岐に渡ります。これらの害獣が天井裏に住み着き、糞尿をすることによってシミになってしまうのです。

雨漏りなどのシミと害獣被害のシミの違いとは?

では、「雨漏りなどのシミ」と「害獣被害によるシミ」の違いは、どのようなものなのでしょうか?それぞれの特徴と見分け方を見ていきましょう。

雨漏りによるシミ

シミが雨漏りによるものだった場合、当然ながら雨が降っている日に異変が見られます。雨の日に天井からポタポタと水が漏れる音がしたり、シミが広がったりしたならば、雨漏りが原因と考えられます。

雨漏りが発生しているということは、屋根や外壁などが何らかの原因により破損・劣化しているということを表します。具体的な原因としては、「屋根の経年劣化」「壁の断熱材から染み込んでくる」「屋上をDIYした時に床を貫いたことが原因」などが考えられます。

雨漏りを放置していると、破損個所から雨が染み出し、雨が上がった後もシミとして残ってしまいます。

結露によるシミ

結露は、窓で仕切られた室内と屋外の間に、気温差が生じることによって発生します。気体として空気中を漂っていた水分が、冷たくなった窓によって液化されるのです。

このような現象が、リビングなどの生活空間と天井裏の間にも生じることがあります。

「屋根裏の換気が不十分」「外気温を伝えやすい金属屋根を使用している」「断熱材を使用していない」「屋根裏がなく、屋根の下が居住スペースになっている」「屋根裏に配水管が走っている」など、様々な理由が考えられますが、生活空間と天井裏の気温に差があると結露が生じます。

結露で天井が濡れた状態が続くと、これもまたシミとして残ってしまいます。結露によるシミは、屋外との寒暖差が出やすい冬に起きることが多いです。

水漏れによるシミ

水道の給水管や配水管の詰まりや老朽化から水漏れして、シミができることもあります。給水管や配水管は10年経つと、損傷やサビによる腐食によって老朽化すると言われています。老朽化した給水管や配水管は、穴が開いたり、亀裂が入ることで、水が漏れ出てしまうのです。また、2階にエアコンがある方は、エアコンが原因で水漏れを起こしている可能性も考えられます。

10年以上水道周りの改装工事をしていない方、上の階にエアコンを設置されている方は、水漏れによるシミの可能性が高いです

害獣被害によるシミ

先ほどもお伝えしましたが、屋根裏に入り込んだネズミ、コウモリ、イタチ、ハクビシンなどの害獣の糞尿が染み出てきて、シミになってしまうことがあります。

害獣被害によるシミの場合、糞尿やカビによる悪臭を伴う場合が多いです。室内で物音がした場合、家の柱や食べ物にかじられた跡がある場合も、すべて害獣による仕業かもしれません。

また、害獣はダニやノミを媒介することがあります。「虫に刺されることが多くなった」という場合も、害獣被害を疑ってみましょう。

まとめ

天井裏にシミができる原因一覧と、その特徴や違いについて以下にまとめてみました。

雨漏りによるシミ:雨が降っている日にシミが拡大、天井から水漏れ
結露によるシミ:冬にシミが拡大、天井から水漏れ
水漏れによるシミ:上の階にエアコンを設置している、長らく水道周りの工事をしていない
害獣によるシミ:悪臭、家柱や食べ物にかじられた跡、物音、虫刺されが多くなる

そのままにしておくとどうなるのか?

天井裏のシミができる原因については、ご理解いただけたでしょうか?ここからは、害獣被害によるシミをそのまま放置しておくとどうなるか、詳しく解説していきます。

病気・健康上のリスク

シミの原因となる害獣の糞尿には、様々な病原菌が含まれています。例えば、ネズミの糞には食中毒を起こすサルモネラ菌が、アライグマの糞には脳障害の原因となる「アライグマ回虫」と呼ばれる寄生虫が含まれています。

また、糞尿からノミやダニ、ハエなど害虫が発生し、非常に不衛生な状態になります。害虫が住民の生活空間へ移動し、人やペットに寄生しすることで、感染症やアレルギーの要因となってしまうのです。

家が損壊することも

害獣の糞尿が蓄積することにより、屋根裏の建材が腐食し、家の強度が低下することがあります。また、ハクビシンやイタチには「溜め糞」という習性があり、決まった場所に何度も排泄します。

こうして腐食、強度が低下し始めた建材に、「溜め糞」による糞尿の重さがのしかかり、突然、天井が落ちてくることも珍しくありません

天井の補修となれば、当然、補修費用が掛かってくるので、金銭的な負担が大きく掛かってきてしまいます

精神的被害

屋根裏に住み着いた害獣の鳴き声や足音が気になってしまい、不眠症になる方も多いです。害獣の多くは夜行性のため、人間が眠ろうとする時に限って騒音被害が大きくなるのです。また、害獣の糞尿による悪臭も相当なものです。

臭いや音など、人間の五感に直接かかわる被害は精神的なダメージも大きいです。本来なら一番安心して過ごせるはずの自宅が、気づくと不快な場所になってしまっていた、というケースも珍しくありません。

困ったときは害獣駆除専門業者へ

「天井のシミに困っている方」「どこに相談したらよいのか悩んでいる方」は、まずは害獣駆除専門業者へ相談してみましょう。

天井のシミの原因が害獣にあれば、「放置してとりあえず様子を見よう」と考えるのは悪策です。見た目以外にも、健康被害や精神的被害など、甚大な被害が予想されるためです。

また、「放置している間に害獣が出ていく」ということは、ほぼあり得ません。「シミになるほど糞をため込んでしまっている」ということは、つまり「もうすでに害獣が自宅に住み着いてしまっている」ということに他ならないためです。

この段階まで進んでしまった場合、害獣対策の素人である皆さんが駆除しようとしても、悲しいことに効果はほぼ見込めないでしょう。

害獣専門業者のハウスプロテクトへ相談しよう

害獣駆除専門業者「ハウスプロテクト」では、「ネズミ・イタチ・ハクビシン・アライグマ・コウモリ」ほか、幅広い害獣に対応、的確な害獣駆除対策を実施しております。

ハウスプロテクトでは、24時間365日、無料相談を受け付けております。もちろん、「天井のシミ」についてのお悩みも受け付けております。ご自宅の天井のシミが、害獣による被害かどうか分からない方も、まずは一度、ご相談ください

>「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「自力で対策するのはちょっと…」 「いろいろ試したがうまくいかない…」
そんな時は当社のプロにお任せください!
まずは無料調査・お見積りから!

CTR IMG
電話をかける ハウスプロテクトHPへ