営業停止も!飲食店にネズミが出ることのリスクと対策法

ネズミのエサとなるものが豊富にある飲食店では、ネズミが侵入するケースも少なくありません。またネズミの被害による食中毒などの衛生面、口コミの悪評を招く恐れもあり注意する必要があります。

現在ネズミの被害で困っており、具体的な予防方法や対策はないだろうか?とお悩みではありませんか。本記事では、ネズミによる飲食店でのデメリットやリスク、また対策方法について詳しく解説していきます。ぜひ、参考にしてください。

飲食店にネズミが出るデメリット

飲食店にネズミが出没すると、さまざまなデメリットが発生します。

  1. 火災のリスク
  2. 食中毒のリスク
  3. 口コミの低下

ネズミによる3つのリスクについて、詳しく見ていきましょう。

①ネズミによる火災のリスク

ネズミの前歯は一生伸び続けます。伸びる前歯を削るために、木材やコードなどあらゆるものを齧り続ける習性があります。そのため、知らぬ間に壁や柱に穴が空いているものは、ネズミの仕業かもしれません。

さらにネズミは、電気コードなどを齧ることもあります。通電している電気コードを齧りショートすると、火災になる恐れもあり大変危険です。

②ネズミによる食中毒のリスク

ネズミは、たくさんの病原菌やウイルスを保持しています。そのためネズミが齧った食材は、不衛生なので当然ながら廃棄するしかありません。

また、ネズミは尿やフンをしながら移動するため食材や調理器具に病原菌が付着してしまう可能性もあります。ネズミの排泄物には、サルモネラ菌やレプトスピラ菌などの病原体が付着していますが、残念ながら目視では判断できません。しかも消毒をせずに病原菌のついた食材や調理器具などを使用して調理すると食中毒になる恐れもあるのです。

③飲食店の口コミの低下

店舗内にネズミがいることを、お客様が目撃してしまうと口コミは低下するでしょう。さらに、ネズミが持っている病原菌やウイルスなどにより食中毒が発生することにより、最悪営業停止のリスクも伴います。

ネズミが原因で漏電火災発生?建物損傷?思わぬリスクについて

ネズミが出ないように対策をしましょう

ネズミが店舗内に侵入しないよう、対策することは可能です。そこで、自分でもできる4つのネズミ対策を見ていきましょう。

  • 店舗の清掃

厨房で床に落ちている食べ物のクズやカスは、ネズミのエサとなってしまいます。そのため、店舗内の清掃は丁寧に行うと良いでしょう。

  • 食品管理の改善

飲食店をしていると、常温で保存する食品なども多いのではありませんか。しかしそのままオープンラックに保存していると、ネズミが齧る可能性が高くなります。そのため開閉扉が付いている棚や、扉のあるパントリーなどで食品を保管しネズミに齧られないようにしましょう。

  • 忌避剤を設置

ホームセンターや通販でも気軽に手に入る忌避剤を、厨房内へ置く方法もあります。ただし、客席から見える店内に忌避剤を設置すると「このお店はネズミがいるのかもしれない」と思われる可能性があります。そのため厨房内や裏口など、お客様からは見えない場所に設置してください。

  • ネズミの侵入口を塞ぐ

ネズミは、1~2cmの小さな隙間から侵入します。そのため、床下換気口やエアコンダクトの配管、あらゆる建物の隙間から侵入してきます。そこで侵入口となる隙間を目の細かい金網やパンチングメタル、コーキング剤などを使って頑丈に侵入口を塞ぎましょう。ただし侵入口は、高所作業が必要になるケースも多くあり大変危険です。怪我のないように注意をしてください。

ネズミは病原菌の巣窟!

ネズミは多数の病原菌を保有しています。排泄物から病原菌が媒介して感染したり、ネズミに噛まれて「鼠咬症(そこうしょう)」という病気になったりします。そこで、ネズミが持っている病原菌により、どのような病気になるのか詳しく解説していきます。

嘔吐や腹痛、下痢などの症状を引き起こすサルモネラ症。致死率は1%ですが、毎年2500件以上の感染が報告されています。サルモネラ症の原因のひとつとして、ネズミが持っているサルモネラ菌が食材や調理器具、食器などに付着することで感染につながります。

サルモネラ属のチフス菌が付着することで感染する腸チフス。症状として、腹痛・発熱・食欲不振・下痢・血便などを引き起こします。腸チフスでの致死率は1%とそれほど高くはありません。原因は、ネズミが持っている細菌に汚染された食品などから感染につながります。

E型肝炎は、ウイルス性の急性肝炎の一種です。症状として、黄疸・倦怠感・嘔吐・発熱を引き起こします。E型肝炎の致死量は1~2%とそれほど高くはありませんが、妊婦が感染してしまうと致死量が20%にも跳ね上がり危険です。

ドブネズミの排泄物には、土や水を介して保有している菌が媒介し感染します。感染すると黄疸・出血・腎障害などの疾患を引き起こすワイル病。致死率は5%ですが、適切な治療がなされない場合は20~30%になることもあるため注意が必要です。

鼠咬症とは、ネズミに噛まれることが原因で起因する感染症です。3~10日程度の潜伏期間を経て菌血症を起こします。その後、皮疹・発熱・肝炎・胃潰瘍を引き起こす可能性かあります。さらにアナフィラキシーショックを起こす場合もあり注意が必要です。致死率は10%と高く、ネズミに噛まれた場合には早急に受診をしてください。

ネズミは不衛生!ウイルスや感染症など健康リスクについて解説

SNSの悪評を消すには

ネズミが店舗内にいた場合や、食中毒になるとSNSで悪評が拡散される可能性があります。SNS上での悪評を削除するのは時間やお金、労力がかかります。例としてツイッターでの悪評(投稿)を削除するための対応方法を解説します。

①証拠の保存

悪評の対象となる投稿を、スクリーンショットやキャプチャなどの機能を使い保存します。

②DMで削除依頼する

直接、投稿したアカウント主に直接削除を要求する方法もあります。しかし相手が逆上するなどの恐れもあるため、ツイッター社へ削除依頼するのが良いでしょう。

③ツイッター社へ削除依頼する方法

「サポートに連絡する|Twitter」から該当する違反報告を選択します。誹謗中傷の場合は「嫌がらせ」を選択してください。報告対象のアカウントの詳細(アカウント名・ツイートのURL・内容・依頼主のアドレス・アカウント名・氏名)を入力します。

とはいえ、投稿の削除ができない可能性もあります。理由としては、「投稿内容の問題点をツイッター社へ適切に伝わっていない」「ツイッター社が違反ではないと判断した」などです。

④投稿が削除されなかった場合

明らかに違法な投稿内容でも削除に応じてもらえないときは、弁護士などへ相談して裁判をし(仮処分)での対応を検討するしかありません。

SNSの悪評投稿の削除には、時間も労力もかかります。また、弁護士などに依頼するとお金も必要になるでしょう。店舗の悪評を出さないようにするには、ネズミが出ない環境を作ることが最適解です。

ネズミ対策はプロに相談しよう

飲食店には食べるものがたくさんあるため、ネズミが侵入するケースが後を絶ちません。ネズミによる店舗内の衛生管理や、風評被害などを考えると、早めに駆除業者へ相談することをおすすめいたします。

当社ハウスプロテクトでは、リフォーム会社が母体となっているため、駆除後の清掃や消毒、消臭はもちろんですが再発防止にも自信があります。さらに最長10年間の安心保障付。ネズミでお困りの方はぜひ、お気軽にお問い合わせください。

「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「自力で対策するのはちょっと…」 「いろいろ試したがうまくいかない…」
そんな時は当社のプロにお任せください!
まずは無料調査・お見積りから!

CTR IMG
電話をかける 問い合わせフォームへ ハウスプロテクトHPへ

h