コウモリが持っている細菌は?どんな病気になる?

本記事は、

「コウモリを家の近所や自分の家の敷地内で見る」

「もしかしてコウモリは細菌を持っているのでは!?」

というお悩みを解決できる記事です。

懸念されている通り、コウモリは細菌を持っており、関わると病気になるリスクがあります。そのため、コウモリが身近にいるなら、安全な方法で早急に駆除することが不可欠です。

そこで本記事では、コウモリの持つ細菌や感染してかかる病気について解説します。コウモリがいるリスクを適切に把握し、安全かつ早急なコウモリ駆除に乗り出しましょう。

コウモリの持つ細菌には病気のリスクがある

コウモリの持つ細菌に感染すると、病気にかかるリスクがあります。

具体的には、次のような方法により、コウモリの持つ細菌に感染してしまう可能性があります。

  1. コウモリに触る
  2. コウモリに咬まれる
  3. コウモリに引っかかれる
  4. コウモリの糞に触れる
  5. コウモリがかじったものを口にする
  6. コウモリの尿に汚染された土や水に触れる

たしかに上記の①~③のような感染方法だけであれば、コウモリと直接対峙する機会を徹底的に避ければ感染を避けられるでしょう。

ですが、④のように、コウモリの糞だと知らずに触れてしまったり、⑤のようにコウモリがかじったと気づかないまま食材を口にしてしまっても感染します。ましてや⑥のように、土や水に触れてしまうだけで感染することもあり、コウモリ自体に遭遇しなくても細菌に感染する可能性はあると考えるべきです。

そのため、コウモリが身近にいるなら、現時点ではコウモリによる被害がなくても、早急に駆除することを考えた方が安心でしょう。

コウモリが保有している細菌とかかる病気

ここでは、コウモリが保有している細菌とかかる病気を2つ紹介します。

レプトスピラ菌(レプトスピラ症)

レプトスピラ症とは、レプトスピラ菌によってかかる急性熱性疾患です。

世界的に発生している病気であり、日本でも1970年代前半までは毎年50名以上は死亡例が報告されていた病気です。

感染経路としては、レプトスピラ菌を保菌しているコウモリの尿から菌が排泄され、それが土や水を数週間にわたって汚染したうえで、人間がその土や水、コウモリ自体と接触すると、粘膜や皮膚から菌が入って感染します。

他にも、レプトスピラ症にかかった人間の尿によって、別の人間に感染した事例も報告されています。

症状としては、発熱、頭痛、筋肉痛、腹痛、悪寒などの初期症状から始まりますが、この時点では他の病気と見分けるのは困難です。

その後、重症化してワイル病に発展してしまうことがあり、そうなると腎障害や出血、黄疸などの症状が出てきます。そして、ワイル病になったにも関わらず、適切な治療を施さない場合、20~30%という高確率で死に至ります

参考:疾患別解説|厚生労働省

サルモネラ菌(食中毒)

サルモネラ菌とは、コウモリの中でもオオコウモリの一部が持っている可能性のある菌です。

食中毒の原因となる菌で、少量の菌でも食中毒を発症します。乾燥に強いのも特徴です。

特に、サルモネラ菌が手に付いた状態で食材を触って料理をしてしまうと、食中毒になる可能性が高くて危険と言えます。

食中毒になると、発熱、下痢、吐き気、腹痛などの症状が現れ、2~7日間これが続きます。そして、1%未満の確率ではありますが死亡することもあるのです。

コウモリは細菌以外にも健康リスクをもたらす

以上では、コウモリが持つ細菌について説明してきましたが、実はコウモリは細菌以外にも健康リスクをもたらします。

具体的には、コウモリはウイルスを有していたり、コウモリの身体には寄生虫がいたりします。そのため、細菌だけに絞ればコウモリによってかかる病気の数は少ないものの、ウイルスや寄生虫まで含めると、コウモリはさまざまな病気をもたらす存在と言えるのです。

特に、コウモリには絶対に素手で触れてはいけません。もしかしたらコウモリを自分で駆除したいと思っている方もいるかもしれませんが、駆除する際にコウモリと接触してしまうと健康リスクが著しく脅かされます。

ちなみに、コウモリは死骸にも注意が必要で、死んでいてもコウモリの身体には細菌やウイルス、寄生虫が残っている可能性が高く、死骸を処理するだけでも危険です。

日本にいるコウモリも危険?

コウモリにより病気になった事例は海外のものが多いものの、日本にいるコウモリも安全とは言えません。

なぜなら、日本のコウモリは病原体を持っていないわけではなく、病原体の保有状況などについてまだ不明なだけだからです。

たしかに、コウモリが媒介する狂犬病は1957年以降には日本では発症しておらず、ほぼ撲滅したと日本政府が発表しています。ですが、海外のコウモリがそうである以上、日本のコウモリも多くの細菌やウイルスを保有している可能性が十分にあります。

そのため、日本においてもコウモリは危険ではないとは言えません。日本のコウモリはきっと安全だろうと舐めて掛かるのはやめて、もし身近にコウモリがいるなら迷わずに対策をすべきです。

参考:コウモリの感染症について|公益社団法人日本獣医学会

コウモリが身近にいるなら駆除業者に相談すべき

害獣駆除ならハウスプロテクトにお任せください!

もしコウモリが身近にいるなら、駆除業者に依頼したほうが良いでしょう。

なぜなら、コウモリ対策のグッズは販売されているものの、再発予防や安全性のことまで考慮すると、業者に依頼するのがベストだからです。

まず再発予防ですが、これはコウモリ駆除の核となる作業です。コウモリ駆除においては、コウモリを追い出した後に、侵入経路を封鎖し、二度とコウモリが自宅に入り込めないようにします。ですが、侵入経路の封鎖は、家中にある1cm以上の隙間を全て埋める作業であり、これを普通の人が行うのは困難です。家のどこに侵入経路があるのか熟知している業者に任せるのが現実的です。

次に、安全性に関してですが、自分でコウモリの追い出しや糞尿の清掃をするのにはリスクがあります。通常コウモリは攻撃性がない害獣だと言われているものの、命の危険を感じると正当防衛のために噛みついてくることはあります。また、コウモリの糞にはさまざまな病原菌が含まれており、糞の清掃をする際が一番病気にかかる危険性が高いタイミングなのです。

以上のような理由から、コウモリの駆除をお考えでしたら、自分で駆除するのではなく業者に任せるようにしましょう。

コウモリの駆除業者をお探しでしたら

コウモリの駆除業者をお探しでしたら、当社ハウスプロテクトにお任せください。

当社はコウモリ駆除のプロであり、コウモリの細菌やウイルス、寄生虫などに悩むお客様の悩みを多数解決してきた実績があります。

現地調査を無料で行わせて頂くことで、ご自宅の構造や被害状況を的確に把握し、ご家族が病気にかからないことを最優先とした駆除計画をご提案します。

コウモリの細菌やウイルスなどで病気にかからないか心配されている方は、当社までお気軽にご相談ください。

コウモリ駆除でハウスプロテクトを選ぶべき3つの理由!技術力や評判は?

まとめ

コウモリが持っている細菌に感染すれば、ご家族が病気にかかってしまう可能性があります。

具体的には、コウモリはレプトスピラ菌やサルモネラ菌という2つの細菌を持っており、病気になれば最悪の場合には死に至ることもあります。

また、コウモリは細菌以外にも健康リスクをもたらすため、細菌にだけ注意を払えばよいわけでもありません。

なお、コウモリによる発症例は海外のものが多いですが、日本にいるコウモリも危険であるため、見かけたら早急に駆除すべきです。

そして、コウモリを駆除するなら、再発予防や安全性のことまで考慮し、業者に依頼すべきです。コウモリの病気が心配で、コウモリの駆除業者をお探しでしたら、ぜひ当社ハウスプロテクトにご相談ください。

「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「自力で対策するのはちょっと…」 「いろいろ試したがうまくいかない…」
そんな時は当社のプロにお任せください!
まずは無料調査・お見積りから!

CTR IMG
電話をかける 問い合わせフォームへ ハウスプロテクトHPへ

a