そのアレルギーはコウモリが原因?糞害、寄生虫、病原菌などの健康リスクについて

コウモリは多くの病原菌や寄生虫が付着している恐れがあり、非常に不衛生な生物です。

万が一、屋内に住み着かれてしまったときは、深刻な健康被害を発生させるリスクもあるので注意しなければいけません。

そこで今回は、コウモリによって発生し得る健康被害や、コウモリの存在を確認する方法等についてお伝えします。

コウモリによる健康被害が出始めている方、コウモリの発生が疑わしい方はぜひ参考にしてください。

コウモリが住み着きやすい場所とは?家屋にも住み着く?

コウモリによる健康被害を把握したり防止したりするためには、コウモリが住み着く場所を把握しておく必要があるでしょう。

コウモリは雨風を凌げて暗くて狭い場所を好んで住み着きます。

雨戸の戸袋や通気口など家屋の外側に住み着くケースが多いですが、侵入経路があれば屋根裏や天井裏に侵入してくることもあります。

万が一、コウモリが屋内に侵入して生活を始めてしまうと、そこに住む人間にも大きな健康被害をもたらす可能性が高いです。

もし、コウモリらしき生物が見受けられたなら、早めに対策をしておかなければ被害は拡大していく一方でしょう。

【要注意】コウモリは多大な健康被害をもたらす

コウモリは多くの病原菌や寄生虫等を持っている恐れがあります。

コウモリが持つ感染症としては、SARSや狂犬病等とても危険なものも含まれています。

また、世界中で猛威を奮っている新型コロナウイルスの起源も、コウモリである可能性が高いと言われています。

実際は、コウモリと新型コロナウイルスの関係について、現時点で確実な事実はありません。

しかし、コウモリ由来のSARSコロナウイルスに似ていることから、コウモリから起源したという説が現時点では有力視されています。

参考:厚生労働省|動物を飼育される方向けQ&A

参考:国立感染症研究所|コロナウイルスとは

このように、コウモリには多くの病原菌が含まれている可能性があり、非常に危険です。

最悪の場合には、人を死に至らしめるような菌を保有している恐れがある。と思っておいた方が良いでしょう。

とは言っても、現在の日本において狂犬病や死に至るような感染症は発見されていません。「コウモリは危険」と言いつつも、正しい知識をもったうえで対処すればさほど恐れる必要はありません。

次に、コウモリによる健康被害を防ぐための知識について、詳しくお伝えします。

コウモリによる糞害

日本内で多く発見されるコウモリの種類は「アブラコウモリ」と呼ばれるものです。

このアブラコウモリは体長が4〜6センチで体重が5〜10g程度と、とても小さいのが特徴です。

アブラコウモリはこの体重等を維持するために、毎日大量の糞を残していくため、臭いによる健康被害は避けられません。

また、糞を処理しようと素手で触れてしまうと、あらゆる感染症にかかってしまう可能性があるため危険です。

海外では、コウモリの糞に含まれていたカビ菌による健康被害(ヒストプラズマ症)を発症したケースも報告されています。

日本国内では幸いにも、このような健康被害の報告はありません。しかし、コウモリ自体が非常に不衛生であり、病原菌を持っているのも事実なので注意してください。

万が一、コウモリの糞に触れてしまったときは、しっかり手洗いをしたうえでアルコール除菌をしてください。過度な心配をされる必要はないですが、最低限の対処はするべきでしょう。また、糞等を自分で処理したいときは、ゴム手袋の着用等徹底的な感染対策を行ってください。
コウモリの糞は乾燥していて空中に舞いやすく(これをエアロゾルと言います)、万が一吸い込んでしまうと健康被害が発生する恐れがあります。エアロゾルによる影響を抑えるためにも、コウモリ駆除や糞の処理はかならず専門家へご相談ください。

コウモリは病原菌や寄生虫を多くもつ

コウモリはSARSや狂犬病等あらゆる病原菌を持っており、不衛生極まりない害獣です。

コウモリのことを「ウイルスの貯水池」と呼ぶ専門家がいるほどです。

また、コウモリは病原菌の他にも寄生虫やダニなどが付着している可能性が高いので注意しなければいけません。

実際、日本国内においてコウモリから感染症等に感染した報告はありません。しかし、マダニや寄生虫による死亡事例は日本国内でもあるので注意してください

コウモリによる健康被害を防止するためには、生きているコウモリに触れないことはもちろん、死んでいるコウモリにも絶対に素手では触れないでください。死骸にも病原菌等が残っている可能性が高いので、専門家に相談のうえで駆除をしてください。

コウモリの存在を調べるための方法は?

「コウモリがいるかもしれない」と少しでも疑わしいことがあったときは、下記のことを参考に存在を確認してください。

  • 高所に隙間がある(侵入経路を発見できる)
  • 物音(カサカサという音)が聞こえる
  • 実際にコウモリの侵入を発見した
  • ハウスダストアレルギー等の健康被害が出始めた

少しでも「怪しい」と感じたときには、すぐに我々のような害獣駆除の専門家へ相談してください。

天井付近(高所)にわずかな隙間が見られる

コウモリは雨風を凌げる暗くて狭い場所を好んで住み着きます。

屋内なら天井裏や屋根裏がコウモリにとって最高の住処です。

そのため、コウモリがいるかもしれないと感じたときには、家屋の高所にわずかな隙間が見受けられないか探してください。

日本に住むアブラコウモリは、2㎝程度のわずかな隙間からも簡単に侵入ができる生物です。

コウモリの存在が疑われる事実がある。コウモリの侵入経路が発見できた。この2つが揃えば、ほぼ確実にコウモリに住み着かれているでしょう。

「カサカサ」という物音が聞こえる

天井裏や壁の中で「カサカサ」という物音が聞こえたときは、コウモリがその場所にいるサインである可能性が非常に高いです。

とくにコウモリの繁殖期から子育て頃の時期(7月〜10月)は活動が活発になり、音がうるさく感じることもあるでしょう。

また、コウモリの子育てが落ち着いてくると、子供も飛べるようになるため非常にうるさく感じます。

コウモリは夜行性なので感染症による健康被害の他にも、夜に音で眠れないなどの被害が起こることもあるので、早めの駆除を心がけてください。

実際にコウモリの侵入を発見した

僅かな侵入経路からコウモリの侵入を発見したときは、ほぼ100%の確率でコウモリが住み着いています。

コウモリは7月〜8月にかけて繁殖期に入るので、コウモリによる健康被害を抑えるためにも、発見した時点で早めに当社へご相談ください。

ハウスダストアレルギーに似た症状を発症

コウモリによる何らかのアレルギー反応等が起こり始めると、早めに対処しなければ危険な状態に陥る可能性が高いです。

中でも、ハウスダストアレルギーに似た症状が現れたときは、コウモリによる被害である可能性が高いので、早めに対処してください。

【ハウスダスト(ダニ)アレルギーの症状】

  • 鼻炎の症状(鼻水・くしゃみ・鼻詰まり)
  • 目のかゆみ
  • 皮膚の炎症
  • 肌の乾燥
  • 喘息のような症状(咳や息苦しさ)

基本的なハウスダストアレルギーの予防は、掃除や洗濯、空気の入れ替え等でできます。

しかし、その原因がコウモリである以上は基本的な予防を徹底しても、効果が発揮されません。

コウモリが原因でハウスダストアレルギーに似た症状が現れているなら、被害が大きくなる前にコウモリの駆除をしなければいけません。

ハウスダストアレルギーを放置していると、アトピーや喘息等あらゆる病気を発生させる恐れがあるので注意してください。

コウモリが家に住み着くとひどい状況になる

コウモリが家に住み着くと、とてもひどい状況になってしまいます。

コウモリは通常、群れで行動することが多く、繁殖時には1〜4匹程度の子を産みます。

さらに、日本に多く生息するアブラコウモリは、その体長や体重を維持するためにも大量の糞尿を残すため非常に不衛生です。

コウモリの存在が疑わしいならすぐにプロへ相談して駆除を目指そう

コウモリの存在が疑わしいなら、すぐにでもハウスプロテクトへご相談ください。

当社ではコウモリの追い出しから清掃・消毒、侵入経路の封鎖まですべてを引き受けます。

気分を害してしまうような光景を見ずに確実な駆除を目指せるので、お困りのことがあるときは我々へご相談ください。

さいごに

今回は、コウモリによる健康被害のリスクについてお伝えしました。

コウモリは非常に不衛生な生物であり、多くの病原菌や寄生虫、ダニなどを保有している可能性が高いです。

万が一、コウモリの存在を疑わせる事実が発生したときには、迷わず当社へご相談ください。

早めに対処しなければ、被害が拡大してしまう恐れがあるため、早め早めの行動が大切です。

>「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「自力で対策するのはちょっと…」 「いろいろ試したがうまくいかない…」
そんな時は当社のプロにお任せください!
まずは無料調査・お見積りから!

CTR IMG
電話をかける ハウスプロテクトHPへ