イタチコラム|屋内まで漂う糞尿の悪臭対策について

家の中での動物の鳴き声や糞尿の臭いは「害獣」が棲みついているサイン。とくに強烈な糞尿の臭いがする場合には「イタチ」が住み着いている可能性があります。

強烈な臭いの原因は、イタチが持つ厄介な習性や「臭腺」と呼ばれる器官にあります。

そのまま放置すると悪臭が広まり、自身の健康に影響が出たりご近所トラブルの原因にもなりかねません。

今回は、イタチの臭いの原因や対策について解説していきます。

イタチの糞尿はなぜ臭いのか?

イタチのフンは他の動物とは違って形や臭いが特徴的で、水っぽく細長い形をしています。

イタチが棲みついた時の臭いが特に強烈な理由は、大きく分けて以下の2つです。

イタチが普段食べているものが原因

具体的にはカエル・ネズミ・トカゲ・ザリガニ・鳥・虫・魚、野菜は大根・サツマイモ・ナス、果物はイチゴ・リンゴ・柿と非常に様々です。

特に動物性の餌を好んで食べているので、果物や野菜を好む他の動物よりもフンや体臭が強烈になるのです。

イタチの習性「ため糞」について

原因は食べ物だけでなく、イタチにはため糞という厄介な習性にもあります。ため糞とは、敵に自分の縄張りを示すために同じところにフンを溜め続けることを指し、悪臭をより酷くする一因となります。

放っておくとどんどん溜まってしまうので、一日も早く対策をとりましょう。

臭いのは糞尿だけじゃない!イタチの最後っ屁とは

「イタチの最後っ屁」という言葉がありますが、これはイタチが危険を感じた際に身体から強烈な臭いを出し、敵から身を守る行為を例えたものです。

イタチは臭腺と呼ばれる器官を持っており、ここからその強烈な悪臭を放ち敵を攻撃したり、威嚇したりします。

イタチの臭腺について

臭腺というとスカンクを思い出す方が多いのではないでしょうか。

実はスカンクのおならとイタチの最後っ屁はほとんど同じものになります。

発射時に肛門周りから液体が分泌されますが、そこにはブチルメルカプタンという成分を含んでおり、硫黄やニンニク臭を混ぜたような臭いがおならとして発射されるのです。

この成分はかなり危険なもので、目に入ってしまうと失明のおそれや、口から吸いこむと呼吸困難に襲われる可能性があります。

捕獲しようとすると、この激臭を放ち攻撃してくるので注意してください。

悪臭は消臭剤では簡単に消えない

屋根裏など家の中にイタチが住み着いた場合、気のせいでは済まないほどの強烈な悪臭が家中に充満します。

また、自分の縄張りを示すため、フンに臭腺から出る液体を吹きかけるので更に激臭がするのです。

どれほど掃除をしたり消臭剤を置いたりしても、臭いの原因は、イタチが棲みついていることにあるので、イタチそのものを駆除しなければ効果はほとんどありません。

悪臭以外の被害について

イタチが棲みつくと、強烈な悪臭以外にも様々な被害を受ける可能性があります。

騒音被害

イタチはネズミなどの小動物とは違い、体長が大きいため一挙手一投足の動作音も大きくなります。

天井裏に住み着くと騒音に悩まされ夜も眠れないという人も。

糞尿による害虫や家の腐食被害

イタチが糞尿を毎日溜める結果、そこから大量の害虫が発生したり、家が腐食したりなどの物質的被害を受けます。

さらに、イタチの身体にはダニやノミが付着しているため、アレルギーを引き起こす可能性もあるので早期の対策が必要です。

引っかかれてケガをする被害

愛らしい見た目とは裏腹に、かなり凶暴です。

イタチに噛まれたり、引っかかれケガをするおそれもあるので、むやみに近づかないようにしましょう。

万が一ケガをした場合はすぐに消毒して病院で受診してください。

屋根裏の断熱材を荒らされる被害

断熱材とは、一般住宅の屋根裏や壁の中に多く使用されており、家の中を寒さから守ったり家の中の暖かさを外に逃がさないようにしたりする素材のことです。

暖かい場所を好むイタチは、その断熱材を巣の材料にするため、断熱材がはがされるなどの被害を受けます。

イタチの駆除方法について解説

上記の通り、イタチが家に住み着くと悪臭やその他の被害が拡大してしまいます。

そんな厄介なイタチの駆除方法についてご紹介します。

捕獲方法

イタチの捕獲には捕獲用のケージや捕獲用の罠を使うことがおすすめです。

エサ場や通り道に設置し、エサは罠に固定しておきましょう。そうすることで罠に滞在するため、捕獲の成功率が上がります。

エサはイタチが好きなソーセージや果物が効果的です。

罠を設置しても効果がない場合は、位置を変えて様子を見ましょう。

イタチの捕獲は鳥獣保護管理法に従って行わなければなりません。自治体によって取り決めが違うため、詳しく確認しましょう。

捕獲せずに追い出す方法

捕獲が難しい場合には、イタチが嫌うものを設置して追い出す方法もあります。

夜行性で暗所で生活するイタチにとって、強い光は弱点になります。光で照らされたイタチは、人間に見つかったと思い込んで逃げていく性質があるため、強い光はとても有効です。クリスマス用のイルミネーションや、CDを吊るしておくだけでも光が乱反射するので効果的です。
イタチの嫌がるにおいや煙を巻いて忌避剤を使用する方法で、固形の置き型タイプやスプレータイプ、煙が出るバルサンなどがあります。忌避剤の設置場所については、イタチがどこから侵入してくるのかを想定して設置します。忌避剤の使用後は必ず喚起しましょう。

イタチを追い出した後は侵入経路を封鎖しよう

イタチはとても賢い動物なので、追い出しても一度侵入した場所にはまた戻ってくる可能性が高くなります。
3センチほどの穴や隙間があれば簡単に侵入できるので、思わぬところが侵入経路になることもあるのです。
  1. 屋根の隙間
  2. 通気口や換気扇
  3. エアコン導入部や室外機の壁穴

上記が主にイタチが侵入してくる可能性が高い場所です。

他にも小さな穴があいていればそこから入ってきますので、頑丈な素材でできた柵や獣除けネットを設置して対策しましょう。

イタチの糞尿の処理について

イタチはため糞をするので、処理をしなければ悪臭被害が拡大してしまいます。

また、フンには水分が含まれており、屋根裏に巣を作られた場合には天井の板が崩れ落ちることもあるので早急に対策する必要があります。

ここでは自分でできるイタチの糞尿の処理についてご紹介します。

①手袋、マスク、汚れてもいい服を着用

フンには病原菌がいるため、少しついただけでも感染症にかかる可能性が高いので、手袋・マスクは必ず着用してください。

服も同様に、感染症リスクを避けるため汚れてもいい服、捨ててもいい服を着用します。

②ほうき・ちりとりを使いフンを集めてゴミ袋に捨てる

掃除機で吸うと、ノズルや掃除器の中にまで菌が残るので、ほうきとちりとりでフンを集めましょう。

集めたフンは二重にしたゴミ袋に廃棄し、しっかり口を閉めます。

③消毒と消臭をする

処理をした後は、床などをアルコールやエタノールでしっかり除菌・消臭を行いましょう。

イタチの糞は不衛生である他、フンの中に病原菌がいるため、人が感染症を起こすなどの健康リスクがあり注意が必要です。

イタチの駆除から清掃まで、全てハウスプロテクトにご相談ください。

イタチの駆除には法律上の問題や、糞尿の処理には感染症のリスクがあるなど、自分自身で処理をするのは非常に困難です。

そのためプロに依頼することが最適といえるでしょう。

弊社ハウスプロテクトでは、駆除から清掃、消毒、再発防止対策までの全てを行っております。

また、無料調査や無料見積もりも可能ですので、ハウスプロテクトにぜひご相談ください。

>「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「自力で対策するのはちょっと…」 「いろいろ試したがうまくいかない…」
そんな時は当社のプロにお任せください!
まずは無料調査・お見積りから!

CTR IMG
電話をかける ハウスプロテクトHPへ