ハクビシン退治の超音波装置はどこに置くと効果的?設置場所の例をご紹介

昨今ではハクビシンは山だけでなく、市街地などでも生息しており、さまざまな民家でハクビシンによる被害が激増しています。

ハクビシンは「有害鳥獣」として認定をされていますが、「鳥獣保護法」により、勝手に駆除や捕獲することは禁止されています。しかし「追い出す」ことに関しては法律に違反しません。

そのため自分で追い出したいと考え、超音波装置を購入したいけど、どこに設置すれば効果的なのかわからない。と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、超音波装置の有効的な設置場所について解説します。
ぜひ参考にしてください。

超音波装置の種類により適切な置き場がある

超音波装置の種類によっては、フラッシュライトで攻撃するものや威嚇音が出るグッズもあります。そのような超音波装置だと家の中で使用した場合、人間やペットなどに反応するため屋内で使用するのは好ましくありません。

また玄関や庭先などに設置をしても、大きな音が出るのでご近所の迷惑になる可能性も高くなります。超音波以外の撃退オプションなどが付いている場合は、家庭菜園で使用している畑やご近所との距離がある場所に適しています。

屋内に設置する場合には、超音波のみの装置をおすすめします。また電池式の超音波装置なら3~4カ月の使用ができ、充電の必要もないので、床下や天井裏などへ簡単に設置ができます。さらに、超音波の調整機能が備わっているとなお効果的でしょう。

超音波グッズの置き場所

超音波装置の最適な置き場所は、「ハクビシンが通る場所や住処」に設置することが効果的です。また侵入口らしきものを見つけたら、獣の毛が付着している場合、侵入口として使用の有無が確認できます。

しかし侵入口や住処を見つけた場合、ハクビシンと遭遇する可能性が出てきます。そのときハクビシンは威嚇のため攻撃的になることもあるので、十分に注意をしてください。

ハクビシンが住処にする場所

夜行性のハクビシンは昼間あまり活動をせず、住処で寝ていたりじっとしたりしています。夜行性のため日暮れとともに行動を開始。夜になるとドタドタと騒音がするのはそのためです。

また薄暗い場所が好きなハクビシンは、天井裏や屋根裏、床下などを住処にする場合があります。そのためハクビシンが住処として使用する場所などへ超音波装置を設置すると、より効果的でしょう。

ハクビシンが通ったり住処にしたりしていると思われる場所が、いくつかあるので参考にしてください。

  • 家庭菜園をされている場合 農作物付近や廃棄場所
  • 生ごみを廃棄する場所
  • 増築している場合には増築した接続部分の隙間
  • 庭木や雨どい部分
  • 天井裏や屋根裏や床下

≪関連コラム≫
プロが解説DIY】自力でできる!ハクビシン退治の初期段階で行うべき対策
ハクビシン撃退の超音波は人間の耳には聞こえる?周波数などについて

超音波でハクビシンがいなくならない場合

超音波装置を置いても、効果がない場合もあります。ハクビシンなどの害獣全般に言えることですが、はじめのうちは超音波による効果が期待できます。しかし時間が経つとともに、ハクビシンは超音波に慣れてきます。

そのため超音波で一度追い出しに成功しても、居心地がよく住処にしていた場所へ戻ってくる場合が多くあります。また、下記のような原因も考えられます。

超音波装置の欠陥

市販で購入した超音波装置になんらかの欠陥があり、超音波が出ていない可能性があります。基本的に人間に超音波は聞こえないので、超音波が出ていないことに気が付かない場合もあります。

超音波装置の置き場に問題

超音波は、大きな障害物(壁や大きな家具など)がない場合には、広範囲で超音波の効果を見込めます。しかし、家にはあらゆる障害物があるので、超音波装置の置き場によりハクビシンに届かない可能性も。

また超音波が聞こえる場所にハクビシンがいたとしても、ハクビシンは状況により住処を移動する習性があります。そのため超音波が聞こえない場所に移動している場合もあるのです。

ハクビシン駆除には時間が勝負!

ハクビシンが家に住み着いている場合には、早期に追い出したり駆除をしたりすることをおすすめしています。なぜならハクビシンは糞尿の被害の他に、爪などで家に傷をつけたり最悪ペットに危害を加えたりすることもあります。

さらにハクビシンは生後10か月から妊娠が可能。しかも妊娠期間は2ヵ月と非常に繁殖力が高いため、駆除に時間を要するとどんどんハクビシンの個体数が増えます。

そのため被害も増大するので早めの対策が必須です。

ハクビシン駆除を業者に依頼するメリット

ハクビシンの駆除に関する相談窓口が、市役所や保健所などにあります。しかし、相談をしても対処方法や害獣駆除業者を教えてくれるだけで、市役所や保健所では駆除はしてくれません。

またハクビシンを追い出すことには許可がいりませんが、個人で駆除や捕獲するには法律により禁止されています。そのため専門業者へ駆除を依頼すると、時間や手間も省け全て安心して任せることが可能です。

完全に駆除するには

ハクビシンを完全に駆除をするには、侵入経路の封鎖が必須となります。なぜならハクビシンは超音波で、一度家から追い出すことに成功しても、戻ってくる可能性が高いからです。

また侵入口などを封鎖する場合には、金属製のプレートや頑丈な木材などで塞がないといけません。というのもハクビシンは手や足、噛む力が大変強く、塞いだ場所を壊されないための対策となります。

弊社ハウスプロテクトでの駆除方法を簡単に説明します。

  1. 電話もしくはメールフォームよりご相談ください。
  2. 無料にて現場へお伺いして、屋根裏や床下などを確認します。
  3. 被害状況に応じた駆除に関する内容と共に、お見積りをご提示させていただきます。

▲ 駆除開始

▲ 忌避剤や煙霧剤などでハクビシンを追い出し作業。

ネズミの侵入経路は金属素材のプレートを使って塞ぎます

▲ ハクビシンの追い出しを確認後、このような金属のプレートで侵入口をしっかりと封鎖します。

▲ また狭い侵入口も丁寧に塞ぎます。侵入口を全て封鎖したあと、糞尿などの清掃・消毒・殺菌処理をします。

最短でハクビシンを駆除

今以上の被害を出さないためにも、最短でハクビシンの駆除をしたいものです。普段生活するうえで、屋根裏や床下などへ人が入ることはまずありません。

しかも、糞尿などで汚染されている場所を見るだけでも、精神的苦痛を伴います。また超音波装置を設置するとき、高さのある場所で作業をするのは大変危険です。

最短でハクビシンの駆除をするなら、駆除業者に任せることが最適解です。ハウスプロテクトでは、リフォーム会社が母体となっているため再発防止の施工にも自信があります。

せっかく、ハクビシンを追い出したのに再発しては元も子もありません。「ハクビシンを駆除しても、再発しないか心配だな」と思うのではないでしょうか。

ハウスプロテクトでは万が一、再発したときに備え最長10年間の安心保証付き。もちろん再発防止には努めていますが、保証があると気持ち的にも安心ですね。

さいごに

ハクビシンを超音波装置で追い出しても、その後の処理が大変です。しかもハクビシンによる被害は、騒音や病原菌、家へのダメージなど、時間が経つほど大きくなります。

1日でも早くハクビシンのストレスから解放するためにも、駆除業者へ相談をすることをおすすめします。

ハウスプロテクトでは、無料で相談や現地調査をうけたまわっております。

ぜひ、お気軽にお問合せください。

ハウスプロテクトの無料相談

>「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「自力で対策するのはちょっと…」 「いろいろ試したがうまくいかない…」
そんな時は当社のプロにお任せください!
まずは無料調査・お見積りから!

CTR IMG
電話をかける ハウスプロテクトHPへ