ハクビシン駆除をプロが解説!自力対策から業者選びのポイントまで

「身近にいるハクビシンをどうにかして駆除したい」「自力でやれるだけやってから業者に相談したい」など、お考えではないでしょうか。

ハクビシンが身近にいる状況はさまざまなリスクがあるので、早めに対策を行うべきです。

しかし、自力で対策する場合は特にハクビシン駆除について正しい知識がなければ駆除を成功させるのは難しいので気をつけなければなりません。

そこで今回は、自力でハクビシン対策を行う方法から業者選びのポイントまで、プロが幅広く解説します。

ハクビシン駆除について必要な知識を押さえて、失敗せずにハクビシン問題を解決しましょう

ハクビシンは駆除すべき?被害例を紹介!

ハクビシンは駆除すべき?被害例を紹介!

結論からお伝えしますと、ハクビシンが身近にいるのであれば早急に駆除すべきです。

ハクビシンは身近にいるだけでもさまざまな被害をもたらしてしまいます。

たとえば、ハクビシンは夜行性なうえに足音も大きいので、家に住みつかれるとノイローゼになってしまうことも珍しくありません。

ノイローゼになると肉体的にも精神的にも負担が大きいので、早めに対策を進めましょう。

▼ハクビシンによるノイローゼ被害については、以下の記事で詳しく解説しています。

ハクビシンのせいでノイローゼに!?原因や対策を駆除のプロが解説

また、ハクビシンは野生動物なので、さまざまな病原菌や寄生虫を保有しているおそれがあります。

ハクビシン自体に触れなくても、糞尿から病気になる可能性もあり、危険です。

身近にハクビシンがいるというだけで、病気のリスクが大きいことは意識しておきましょう。

▼ハクビシンの保有する病原菌については、以下の記事で詳しく解説しています。

ハクビシンに病原菌がいる?健康被害について知っておきたいこと

ハクビシンの対応を市区役所に頼める?

「お金をかけずに解決したいのだけど、市区役所にハクビシンの対応を頼めないのかな?」とお考えの方もいらっしゃると思います。

しかし、原則として市区役所がハクビシン被害について直接的なサポートをしてくれることはありません

ハクビシン被害が多い地域であれば、対策方法に詳しい職員さんが相談に乗ってくれるかもしれません。

しかし、それ以外では業者を紹介してくれる程度にとどまります。

市区役所の紹介で業者に依頼したとしても料金が安くなるわけではないので、ご自身で信頼できる業者を選んで依頼するほうが良いでしょう。

ちなみに、ご自身でハクビシンを捕獲する際には行政の許可が必要で、その場合も市区役所に相談に行かなければなりません。

▼ハクビシンを捕獲する許可を取る方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

ハクビシンを捕獲したいときの市区役所への許可申請の方法

ハクビシン駆除を自力で行う方法と主要な対策グッズ

ハクビシン駆除を自力で行う方法と主要な対策グッズ

「業者に依頼する前に、自分でできる対策を試してみたい」とお考えの方もいらっしゃると思います。

ここでは、ハクビシン駆除を自力で行う方法と主要な対策グッズを見ていきましょう。

ご紹介させていただくのは、以下のような対策方法です。

  1. 忌避剤を使って追い出す
  2. くん煙剤を使って追い出す
  3. トラップで捕まえる
  4. LEDライトで追い出す
  5. ネットで侵入を防止する
  6. 有刺鉄線で侵入を防止する

6つの対策について、ハクビシン駆除におけるオススメ度をまとめると以下のようになります。

忌避剤を使って追い出す
くん煙剤を使って追い出す
トラップで捕まえる
LEDライトで追い出す
ネットで侵入を防止する
有刺鉄線で侵入を防止する

さまざまな対策方法がありますが、メリットや注意点は異なります

ご自身が行いやすい対策方法はどれか判断するために、順番に見ていきましょう。

忌避剤を使って追い出す

1つ目のハクビシン対策は、忌避剤(きひざい)を使って追い出すという方法です。

忌避剤には、ハクビシンが嫌がる成分が含まれています。

設置型のものや、スプレーで噴射する方式のものなど、いろいろな種類が存在しているのでご自身に合ったものを選びましょう。

忌避剤は使用方法が簡単なものも多く、効果も感じやすいので対策初心者にもオススメしやすいです。

▼ハクビシンの忌避剤については、以下の記事で詳しく解説しています。

ハクビシンの忌避剤には何が使える?本当に効果のある対策を解説!

線香は効果がある?

ハクビシン対策に家にある仏事用の線香を使っても、効果はほとんどありません

しかし、害獣用の線香であれば、有効です。

害獣用の線香はハクビシンの嗅覚を刺激するように工夫して作られています。

一般的な仏事用の線香はニオイも煙も薄いので、ハクビシンの追い出しには不向きでしょう。

▼ハクビシン対策における線香の有効性については、以下の記事で詳しく解説しています。

ハクビシンに線香は有効?効く種類や駆除のポイントを解説

ハッカ油は効果がある?

ハクビシン対策にハッカ油は、一定の効果が見込めます

刺激的なニオイによって、嗅覚の鋭いハクビシンは嫌がる可能性が高いです。

しかしながら、ニオイの持続時間が保てるように工夫しなければ、ハッカ油だけで完全に追い出すのは難しいでしょう。

▼ハクビシン対策におけるハッカ油の有効性については、以下の記事で詳しく解説しています。

ハクビシンにハッカ油は効く?有効な追い出し方法をプロが解説

ハーブは効果がある?

ハクビシン対策にハーブは、ハッカ油と同様に一定の効果が見込めます

嗅覚の鋭いハクビシンは、ハーブのニオイも嫌がる可能性が高いです。

しかしハーブも同様に強いニオイが持続するように工夫しなければ、それだけで追い出すのは難しいでしょう。

▼ハクビシン対策におけるハーブの有効性については、以下の記事で詳しく解説しています。

ハクビシンをハーブで撃退するのは難しい?有効な駆除方法を解説!

激臭シートは効果がある?

ハクビシン対策に激臭シートは、有効です

手軽な対策としてよく用いられており、ハクビシンの苦手なニオイや色によって追い出し効果が期待できるのです。

激臭シートは、だいたい10枚5,000円程度で購入できます。

ハクビシンを追い出すために何を使うか悩んでいる場合、ぜひ検討してみてください。

▼ハクビシン対策における激臭シートの有効性については、以下の記事で詳しく解説しています。

ハクビシン対策に激臭シートが人気!有効な理由と併せて行うべきことは?

くん煙剤を使って追い出す

2つ目の対策は、くん煙剤(燻煙剤)を使って追い出すという方法です。

くん煙剤は有効成分を煙にして部屋中に拡散する製品を意味しますが、代表的なものは害虫用のバルサンが挙げられます。

大量の煙による息苦しさや、視界の悪さなどに驚いたハクビシンが外に出ていく可能性があるでしょう。

密閉された空間でしか使えませんが、有効性が高くよく使われている方法です。

▼ハクビシン対策におけるくん煙剤の有効性については、以下の記事で詳しく解説しています。

ハクビシンにくん煙剤は本当に効果がある?メリットや注意点を解説

バルサンは効果がある?

くん煙剤のなかでも代表的なバルサンですが、ハクビシン対策には一定の効果が見込めます

使用前に精密機器にカバーをしたり使用後に換気が必要だったりと、くん煙剤を使う際には手間がかかる点には注意が必要です。

しかし、バルサンは身近なお店でも手に入りやすく、試しやすい方法だといえるでしょう。

ハクビシンにくっついてきた害虫を一緒に駆除できるのも嬉しいポイントです。

▼ハクビシン対策におけるバルサンの有効性については、以下の記事で詳しく解説しています。

ハクビシンにバルサンは効く?追い出す手順や駆除のコツを解説

トラップで捕まえる

3つ目の対策は、トラップに引っ掛けて捕まえるという方法です。

「何度追い出しても戻ってくるし、罠にかけて捕まえて遠くに連れていってしまいたい」とお考えになられる方もいらっしゃいます。

しかし、ハクビシンは法律で保護されている動物で、無断での捕獲は違法となるので注意しなければなりません。

罠を準備する手間や、こまめに罠を確認しにいく手間もかかるので、あまりオススメできる方法ではありません。

▼トラップによるハクビシンの捕獲については、以下の記事で詳しく解説しています。

ハクビシンをトラップで捕獲するには?罠の種類やエサについても解説

LEDライトで追い出す

4つ目の対策は、LEDライトで追い出すという方法です。

科学的に有効性が証明されている方法ではありませんが、まれに「効果があった」という声もあります。

確実性が薄い方法なのでわざわざ新たにLEDライトを購入するのはオススメできませんが、家に余っているライトがあるのであれば試してみるのも良いでしょう。

その際には、他のハクビシン対策と併用することをオススメします。

▼ハクビシン対策におけるLEDライトの有効性については、以下の記事で詳しく解説しています。

ハクビシン駆除にLEDライトは有効か?家庭でできる対策とは?

ネットで侵入を防止する

5つ目の対策は、ネットでハクビシンの侵入を防止するという方法です。

柵やフェンスの下をくぐられないようにネットを設置したり、通風口や床下などの侵入口を使えないようにするためにネットを設置したりといった対策もあります。

他の対策でハクビシンを外に追い出しても、再侵入予防しなければまた戻ってくるかもしれません。

ハクビシンは6センチ程度の隙間があれば中に入り込めると言われているので、ちょっとした隙間も塞ぐ必要があります。

ネットだけですべての侵入口を塞ぐのは難しいでしょうが、再侵入予防にある程度の効果を発揮するでしょう。

▼ハクビシン対策におけるネットの有効性については、以下の記事で詳しく解説しています。

ハクビシンの侵入をネットで防止できる?被害予防のコツを解説

有刺鉄線で侵入を防止する

6つ目の対策は、有刺鉄線でハクビシンの侵入を防止するという方法です。

有刺鉄線に触れるとハクビシンはチクリとした痛みに驚き、再び同じ場所に近づきにくくなります。

ハクビシンは木登りが得意で、電柱や雨どいを登ることもあるほど軽やかに移動可能です。

したがって高所から家の中に侵入されることもあるのですが、有刺鉄線を上手く活用すれば登られにくい環境を作ることができるでしょう。

▼ハクビシン対策における有刺鉄線の有効性については、以下の記事で詳しく解説しています。

ハクビシン対策に有刺鉄線は有効?設置の方法や他の対処法も解説

ハクビシンに超音波や駆除アプリは効果がある?

ハクビシンに超音波や駆除アプリは効果がある?

対策グッズとして、超音波発生装置や駆除アプリの存在を耳にしたことのある方もいらっしゃるかもしれません。

まず、ハクビシンを本格的に駆除したいのであれば、超音波発生装置の使用は有効性が低く、オススメできません

ハクビシンは聴覚に優れているので、超音波対策に一定の効果はあるだろうと考えられています。

しかし、最初は効果があるように思えても、徐々に超音波に慣れてしまうので要注意です。

何度も繰り返し使える方法ではないので、もしも超音波によってハクビシンを追い出せたのであれば、再び戻ってくることがないように再侵入予防を徹底的に行うことをオススメします。

▼ハクビシン対策における超音波の有効性については、以下の記事で詳しく解説しています。

ハクビシン駆除に超音波は有効?プロの目線で持続時間や有効性について解説

駆除アプリは効果がある?

ハクビシン対策を考えたとき、駆除アプリも超音波発生装置と同様にオススメできる方法ではありません

「効果がある」「効果がない」といったどちらの口コミもインターネット上では目にしますが、やはり効果は一時的なものです。

ハクビシンが慣れてしまったら効かなくなるので、再侵入予防を素早く確実に行いましょう。

また、すべての個体に効くとも限りません。

駆除アプリだけではなく、他の追い出し方法もあわせて行うほうが安心です。

▼ハクビシン対策における駆除アプリの有効性については、以下の記事で詳しく解説しています。

ハクビシン駆除アプリがあるって本当?実際の口コミからその有効性を検証してみました

ハクビシンの再侵入を予防する方法

ハクビシンの再侵入を予防する方法

ここまでにご紹介させていただいた方法でハクビシンを遠ざけることができたら、もう近寄ってこないように再侵入を予防する必要があります。

家のなかにもうハクビシンが入り込まないように、入口となる部分を封鎖しましょう

「出ていったのだからもう解決したのではないか」と思われるかもしれませんが、ハクビシンは一度出ていってもまた戻ってくることが多いです。

たとえば、以下のような場所があるなら、金網やパンチングメタルなどを用いて封鎖しましょう

  • 壁の穴
  • 屋根の穴
  • 屋根同士が重なっている隙間
  • 通気口(通風口)
  • 床下の隙間

封鎖の補助として、先ほどご紹介したネットや有刺鉄線も活用するのも良いです。

直径9センチの穴があれば入り込んでしまうので、注意深く家中をチェックしなければなりません。

塞ぎ漏れが出る可能性が高いので、再侵入予防については専門業者に相談するほうが確実です。

▼ハクビシンの侵入経路については、以下の記事で詳しく解説しています。

ハクビシンの駆除は侵入経路の特定から!どこから家に入ってくる?

巣ができやすい場所は?

ハクビシンを追い出したら、巣の片付けもしなければなりません。

巣ができやすい場所は、人の家の屋根裏や床下、倉庫です。

ハクビシンは洞窟のような薄暗い場所を住処にすることが多く、人の家の中でも薄暗い場所を巣に選ぶことがよくあります。

巣で排泄されていると糞尿被害も出ているはずなので、放置したままにはできません。

ハクビシンの糞尿には細菌やウイルス、ノミ・ダニなどさまざまなものがいる可能性が高いので、片付ける際には気をつけましょう。

病気になるリスクもあるので、少しでも不安なら専門業者に相談して片付けてもらうことをオススメします。

▼ハクビシンの巣については、以下の記事で詳しく解説しています。

ハクビシンの巣はどこにできる?棲み着かれることによるデメリットとは

ハクビシン駆除を業者に依頼するべき3つの理由

ハクビシン駆除を業者に依頼するべき3つの理由

残念ながら、ご自身でのハクビシン対策には限界があります。

特に侵入経路の封鎖は専門家でなければ非常に難しいです。

ここで、ハクビシン駆除を業者に依頼するべき3つの理由をご紹介させていただきます。

  1. 専門知識があるプロに任せられる
  2. 再発防止やアフターフォローも行ってもらえる
  3. 清掃までお願いできる

業者に依頼するかお悩みの方は、ぜひチェックしてみてください。

専門知識があるプロに任せられる

最初の理由は、専門知識があるプロに任せられるという安心感です。

ここまででお伝えしたように、ご自身でもある程度まではハクビシン対策ができます。

しかし、上手くいかないことがあったり、わからないことがあったりした場合には、インターネットで調べなければなりません。

インターネットに書かれている情報が正しいのか判断するのも難しく、せっかく買った対策グッズが全然効果がないケースもあるでしょう。

業者に依頼することで、最初から最後まで安心して駆除を任せることができます。

再発防止やアフターフォローも行ってもらえる

次の理由は、再発防止やアフターフォローも行ってもらえることです。

ハクビシンの被害をなくすためには、追い出しだけではなく再発防止も重要となります。

さまざまな場所から再侵入を試みるハクビシンは、意外な隙間から家の中に戻ってくることも珍しくありません。

専門知識がなければ発見できないような侵入経路も、駆除に慣れた業者なら次々と封鎖してくれます

再発予防に自信のある業者なら、無料のアフターフォロー期間を設けていることも多く、駆除後も安心です。

清掃までお願いできる

最後の理由は、ハクビシンが行動していた場所や汚した場所の清掃までお願いできることです。

巣や通り道などを中心に、ハクビシンはいろいろな場所を汚します。

細菌やウイルスもばら撒いてしまうので、キレイにしなければ健康リスクが残されたままになるので要注意です。

ご自身での清掃は病気になる危険性があるのでオススメできません。

業者に依頼することで、ハクビシン駆除後に安心して暮らせる環境を整えてくれるでしょう。

ハクビシン駆除業者の料金の目安

ハクビシン駆除業者の料金の目安

「業者に依頼する前に、どれくらいの費用がかかるか知りたい」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

インターネット上に記載されているハクビシン駆除業者の料金の目安としては、10万円〜30万円程度と幅があります。

現場の状況や希望する作業内容によって、もっと安くなることも高くなることもあるので、実際に現地調査を依頼するのが良いでしょう。

多くの業者は無料で現地調査を行っています。

被害状況を見てもらいながら、どれくらいの金額で駆除してもらえるのか見積もりを出してもらってください。

補助金はある?

お住まいのエリアによっては、ハクビシン駆除に活用できる補助金があるかもしれません。

たとえば、神奈川県箱根町には「鳥獣被害防止柵設置補助金」があります。

鳥獣による被害を防止する柵の購入費用が、一般住民なら半額補助されるのでお得です。

補助金がないエリアも多いですが、気になるなら一度調べてみるのが良いでしょう。

▼ハクビシン駆除の補助金については、以下の記事で詳しく解説しています。

ハクビシンの駆除に補助金は使える?対象となる条件や金額を紹介!

ハクビシンの駆除業者を選ぶポイント

ハクビシンの駆除業者を選ぶポイント

駆除業者を選ぶ際には、失敗しないためにいくつかの判断基準を事前に知っておくのが良いです。

ハクビシンの駆除業者を選ぶポイントとしては、以下の5つが挙げられます

  1. 対応エリアに入っているか
  2. 再発予防を意識しているか
  3. 追加料金はなさそうか
  4. 紹介業者ではなく自社施工か
  5. 親切に話を聞いてくれるか

どのように業者を選べば良いのかわからない方は、ぜひ参考にしてください。

対応エリアに入っているか

1つ目のポイントは、ハクビシン駆除の対応エリアに入っているかです。

業者によって、駆除に対応している範囲は異なります。

気になる業者が見つかったら、まずは対応エリアを確認してください。

場合によっては対応エリア外でも相談に乗ってくれるケースがあるので、問い合わせてみるのも良いでしょう。

再発予防を意識しているか

2つ目のポイントは、再発予防を意識しているかです。

害獣駆除業界の中には、再発予防の技術に乏しい業者も少なからずいます。

そういった業者は、目先の対策しか行ってくれず、すぐに再依頼しなければならなくなるので要注意です。

現地調査で再発予防についてまで説明してくれる業者や、駆除後もアフターフォローを行ってくれる業者を選びましょう。

追加料金はなさそうか

3つ目のポイントは、見積もりを出してもらってから追加料金が発生しないかです。

悪質な業者は、安い見積もりで契約を結ばせてから、作業工数を増やして高額な追加料金を請求してくることがあります。

見積もりの段階で作業内容を具体的に聞き、追加料金が発生しないかどうか確認しましょう。

お金のことは聞きにくいかもしれませんが、後悔しないためには非常に重要です。

紹介業者ではなく自社施工か

4つ目のポイントは、自社で問い合わせ対応から現地調査、駆除までを行っているかです。

業界内には、問い合わせが来たら該当エリアの業者に依頼を流して中間マージンを取る「紹介業者」が存在します。

紹介業者に支払う紹介料は駆除金額の40%程度になることもあり、高額です。

自社施工の会社なのかは意識して確認したほうが良いでしょう。

親切に話を聞いてくれるか

5つ目のポイントは、スタッフが親切に話を聞いてくれるかです。

「ハクビシンさえしっかり駆除してくれたら大丈夫」とお考えかもしれませんが、駆除前や駆除中、駆除後などさまざまな段階で不安なことが出てくるかもしれません。

そのようなときに相手が雑な対応しかしてくれなかったら、聞くことをためらってしまうでしょう。

良い業者は、お客様の不安の解消のために丁寧に関わります。

なんでも話しやすい業者に駆除を依頼することがオススメです。

ハクビシン駆除はぜひ当社にお任せください!

害獣駆除ならハウスプロテクトにお任せください!

身近にハクビシンがいる状況は、さまざまなリスクがあります。

早めに駆除してしまったほうがかかる時間も費用も押さえられるので、後回しにせず早めに取り組むのがオススメです。

自力での対策も一定の効果は見込めますが、業者なら再発予防や清掃まで頼めます。

特に再発予防は専門知識がなければ難しいので、ハクビシン被害を完全に解決してしまいたいなら業者に依頼しましょう。

もしも実力のあるハクビシン駆除業者をお探しでしたら、当社「ハウスプロテクト」にぜひお任せください!

当社は幅広いエリアに対応しており、無料で現地調査に伺ってお見積もりを出させていただいております

お客様の予算感をお聞きしたうえで最善の駆除プランを立てますので、料金が不安な方もご安心ください。

自社施工で質の高いハクビシン駆除を行わせていただきますので、今までにご依頼いただいたお客様からの評判も良好です。

24時間365日、いつでもお問い合わせをお待ちしております

ハクビシン駆除でハウスプロテクトを選ぶべき5つの理由!評判や依頼方法も紹介!

まとめ

ハクビシンが身近にいると、さまざまなリスクがあります。

駆除してしまわない限りはハクビシンによるリスクはなくならないので、早めに対策に取り組みましょう。

今回は自力での対策もたくさん紹介させていただきましたが、少しでも不安があるようなら専門業者に相談することをオススメします。

特に侵入経路の封鎖は専門知識がなければ非常に難しく、自力にこだわりすぎると何度も再侵入を許してしまうことになりかねません。

もしもハクビシンの駆除業者をお探しでしたら、当社「ハウスプロテクト」の無料相談をご利用ください。

「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「自力で対策するのはちょっと…」 「いろいろ試したがうまくいかない…」
そんな時は当社のプロにお任せください!
まずは無料調査・お見積りから!

CTR IMG
電話をかける 問い合わせフォームへ ハウスプロテクトHPへ

h