アライグマ駆除の超音波はペットに悪影響を及ぼす可能性あり!その理由について

アライグマはアニメなどでは、愛らしいキャラクターとして人気があります。しかし、近年では市街地へ生息域を広げているアライグマ。農作物や家での被害に悩まされている人も多くいるのではないでしょうか。

しかしアライグマは法律で、無断で捕獲することは禁止されています。それなら超音波で追い出せないかと考えているけれど、飼っているペットに悪影響はないのだろうか?と不安を感じますよね。

今回は超音波装置の仕組みと、ペットへの影響について解説します。ぜひ、参考にしてください。

超音波装置の仕組み

画像:Amazon

超音波でアライグマを追い出す手段として有効な理由は、アライグマの可聴域と関係があります。ちなみに可聴域とは、聞こえる周波数の範囲です。

動物全般に言えることなのですが、人間とは違いアライグマは可聴域が広く、超音波をキャッチする能力が高いためアライグマを追い出す方法として使用されています。

人間の周波数は、20Hz~23kHzの周波数が聞こえるとされています。23kHzより大きい周波数(超音波)は、人間の可聴域に当てはまらないので聞こえません。

しかし子どもから20代の人までの若い人は可聴域が広く、超音波が聞こえる場合もあります。段々と年齢を重ねるごとに可聴域が狭くなるため、超音波が聞こえなくなるという仕組みです。

そのため年齢が若い人と同居している場合には、超音波が聞こえる場合もあるので十分に注意をしてご使用ください。

アライグマ超音波アプリ

現在アライグマ専用の超音波アプリはありませんが、一般的に動物を対象としたアプリを使用して、アライグマを追い出すための対策をします。

超音波アプリとは、モスキート音を発生することでアライグマが嫌がり効果を発揮。そのため、超音波アプリを使用することにより、アライグマが寄り付かなくなるという仕組みです。

また超音波アプリは、スマートホンにダウンロードするだけで使用ができるので、気軽に使えます。無料のアプリもあるので、アライグマ対策として取り入れやすい方法ですね。

超音波のメリット

超音波のメリットは、インターネットやホームセンターなどで安価で購入ができます。また用途に合わせて、ソーラー式や電池式もあり選択が可能。

設置するには、力や専門的な道具も使わないので、女性や年配の人でも簡単にご使用いただけます。

超音波のデメリット

超音波装置のデメリットとして、超音波装置で対策をしても効果を得られない場合があります。というのもアライグマは、はじめは超音波に反応して効果を得られることも可能ですが、超音波に慣れてくるとまた同じ住処に帰ってくる可能性があるからです。

ペットに悪影響がある場合

超音波はアライグマだけでなく、他の動物にも悪影響をもたらします。

そのためご自宅で犬や猫、ウサギやハムスターなどペットとして飼われている場合には、超音波を嫌がるので駆除グッズの使用は避けたほうが得策です。

さらにカブトムシなどの昆虫も嫌がるため、超音波を使用するときは十分に注意をしてください。

可聴域とは?

そもそも人間や動物の可聴域は、それぞれどのくらいだろうか?と疑問に感じている人もいると思います。

可聴域の範囲
超音波駆除装置(調整可能) 13.5kHz~45.5kHz
人間 20Hz~23kHz
アライグマ 100Hz~40kHz
67Hz~60kHz
60Hz~64kHz
ハムスター 80Hz~45kHz
ウサギ 360Hz~42kHz

1Hz=0.001kHz

上記の表だけを見ても、わかりにくいと思うので簡単に説明いたします。人間が聞こえる超音波は23kHzまでなので、23kHz以上の超音波は聞こえません。

しかしアライグマの可聴域40kHzに設定をすると、アライグマと他の動物の可聴域が重なるので、聞こえるという仕組みです。

参考:音楽研究所│動物の可聴域

ペットを守りアライグマを駆除するには

可聴域でご説明したとおり、超音波はアライグマや他の動物にも聞こえます。超音波装置でアライグマを追い出そうとして、ペットの具合が悪くなったら本末転倒ですね。

また動物によって可聴域が異なるため、超音波による悪影響はさまざまです。そのためペットを飼われている場合には、十分に検討してからご使用ください。

根本解決には侵入経路の封鎖が必要

超音波でアライグマを追い出すことに成功したからと言っても、油断はできません。超音波に慣れると暖かい場所を好むアライグマは、敵に襲われることのない、快適に過ごせる住処へ戻ってきます。

そのため完全に駆除するには、侵入口の封鎖が必須です。アライグマは頭が入る隙間さえあれば、どこからでも侵入が可能。またアライグマは手先が器用なので、侵入口に障害物を置いたとしても、寄せて入ってきます。

さらにアライグマは力も強く、侵入口を食いちぎることもあるので、金属製や木材などの頑丈な材料でしっかりと封鎖しないといけません。

プロに任せることで安全安心

アライグマは狂犬病やアライグマ回虫などの、人体やペットにも危険を及ぼす病原菌を持っています。早期でアライグマ駆除の対策をすることにより、危険を回避したいですね。

またアライグマは「特定外来生物」に指定されているため、法律によって捕獲や保管などが禁止されています。そのため、自分で駆除をするにはお住まいの市町村や保健所などへの申請が必要となります。

少しでも早く何とかしたいのに、アライグマ捕獲の申請が下りるまで時間がかかり、精神的なストレスがかかってきます。そのため早期にアライグマを駆除したいとお考えなら、駆除業者へ頼むことをおすすめします。

ハウスプロテクトではアライグマの駆除はもちろんですが、糞尿の清掃やその後の消毒も含め全てをお任せいただけます。

アライグマの駆除事例

プロによる侵入口の封鎖

はじめに、お客様のお宅へ現地調査に伺います。
被害状況や侵入経路を確認し、今後どのような駆除をするのかを説明させていただき見積りを提示します。

  • 駆除をする日を決めます。(お急ぎの場合には即日の対応も可能です)
  • 業務用の燻煙材や忌避剤を使用してアライグマを捕獲または追い出します。
  • アライグマが家の中にいないことを確認後、侵入口を全て封鎖。

▲このような金属のプレートで、侵入口を封鎖します。

▲金属プレートをコーキングでしっかりと壊されないように、隙間なく取り付けをします。

▲このような狭い場所に侵入口があった場合、ご自身で封鎖するにはケガをする恐れもあります。危険を回避するためにも、施工のプロにお任せください。

封鎖が完了したら、アライグマの住処にある糞尿などの清掃をして、殺菌と消毒をします。

弊社ハウスプロテクトでは、リフォーム会社が母体となっています。そのため害獣駆除はもちろんですが再発防止の施工にも自信があります。

またお客様へ安心していただくために、最長10年の保証付き。期間内であれば無償にて点検・補修作業を行います。

さいごに

アライグマを追い出すために、可愛いペットに悪影響があると本末転倒です。手間と時間をかければ、超音波の方法以外の忌避剤でも追い出す方法はあります。しかし、一刻も早くアライグマの駆除をして、心安らぐ生活に戻したいですよね。

また駆除業者に依頼することで早期に駆除ができること以外にも、アライグマの攻撃で引っかかれたり噛みつかれたりすることにより、狂犬病やアライグマ回虫の危険性も回避できます。

弊社ハウスプロテクトでは、無料にて相談や現地調査をうけたまわります。
お気軽にコチラへご連絡ください。

>「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「自力で対策するのはちょっと…」 「いろいろ試したがうまくいかない…」
そんな時は当社のプロにお任せください!
まずは無料調査・お見積りから!

CTR IMG
電話をかける ハウスプロテクトHPへ