アライグマに天敵がいないのは本当?被害に悩んだときの対処法

「アライグマを家の敷地内や身近な場所で見かけて、不安に感じている」
「アライグマは気性が荒くて力も強いが、天敵はいないの?」

とお考えではないでしょうか。

結論から言えば、アライグマにも天敵はいます。そのため、もしも天敵を身近に連れてくることができれば、アライグマを駆除することが可能となるのです。

そこで本記事では、アライグマの天敵と、アライグマ被害で悩んだ時の対処法について解説します。アライグマに効果的な対処法を知り、アライグマ被害とおさらばしましょう。

アライグマの天敵となる動物は?

アライグマの天敵となる動物は、オオカミやピューマ、クマのような大型の肉食動物です。

いずれも人間すら襲うほどの動物なので、人間よりも小さなアライグマの天敵となり得るのも納得でしょう。

しかし、オオカミは日本では絶滅したと言われており、ピューマも日本にはいません。クマは日本にもいますが、どちらかというと草食寄りなので、あまり動物を襲って食べません。

そのため、実際のところ、日本にはアライグマの天敵となる動物は、自然界にはいないようなものなのです。

それよりも、アライグマにとって一番の天敵となるのは、人間です。

実際、アメリカでは、アライグマの死因の8割は人間による駆除や狩猟であり、1割は交通事故で死ぬため、ほとんどが人間との関わりで死に至っていると言えます。

日本でも、アライグマは人間の家周辺に現れて被害を及ぼすため駆除の対象になることから、人間が天敵となっています。

日本のアライグマの天敵は駆除業者!

より具体的に言えば、日本のアライグマの天敵は駆除業者であると言えます。

多くの日本人は、アライグマによる感染症を恐れたり、住宅被害を恐れたりして、自分の家の周辺にいるアライグマをなんとかして駆除したいと考えるでしょう。

ですが、アライグマは、鳥獣保護法外来生物法といった法律に保護されているため、一般人が自分で駆除することが禁じられています。法律に違反すれば、懲役や罰金などに科せられます。

そのため、アライグマの被害に遭った人が必然的に助けを求める先が、駆除業者となるわけです。したがって、アライグマからすると、人間の中でも駆除業者が一番の天敵であり、最も恐れるべき存在として目に映っています。

家の周辺にいるアライグマに天敵を差し向けたいなら、駆除業者に依頼してみると良いでしょう。

天敵以外に!アライグマの苦手なものは?

天敵以外にもアライグマの苦手なものはあり、以下のようなものが該当します。

  • オオカミの尿や鳴き声
  • 木酢液
  • ハッカ油
  • 燻煙剤

オオカミの尿はウルフピーという名前でアライグマ向けの忌避製品が市販されています。天敵であるオオカミが近くにいることを連想させるため、アライグマを追い払う効果が期待できるわけです。

オオカミの鳴き声を聴かせることもアライグマには有効で、オオカミの鳴き声を流す装置もあります。

木酢液とは、木炭を作るときに生じる水蒸気を冷やしてできた液体のことです。火事のニオイに似ていると言われており、野生の動物を本能的に逃げ出させる効果があります。

ハッカ油は、ミントを乾燥させて作った油です。スーッとしたニオイがするのが特徴で、アライグマにとっては強烈なニオイゆえ、アライグマは嫌がって逃げ出すことがよくあります。

燻煙剤とは、アライグマの嫌がるニオイ成分を、加熱によって煙状の微細な粒子にし、空中に霧状で放つ駆除アイテムです。屋根裏にいるアライグマをあぶり出すのにも有効で、家から追い出す高い効果を発揮してくれるでしょう。

これらの駆除アイテムには、アライグマを追い払ううえで一定の効果を期待できます

日本ではアライグマには人間以外の天敵がいないようなものなので、自分で追い払う場合にはアライグマが苦手なものを用いて追い払う方が現実的と言えます。

【木酢液・激辛臭】アライグマが嫌いなものや苦手な匂いとは?

アライグマ被害が大きくなる前に行うべき対処法

パンチングメタル

アライグマ被害が大きくなる前に行うべき対処法は、アライグマを家から追い出したうえで、侵入経路の封鎖をすることです。

なぜこのような手順を踏むのかというと、アライグマの苦手なものを使って家から追い出したとしても、侵入経路が開いたままでは、被害が再発する可能性が高いからです。

そこで、アライグマの被害でお悩みなら、業者に依頼して、追い出しや侵入経路の封鎖をやってもらいましょう。

アライグマが苦手なものを用いれば、自分でもアライグマを家から追い出せる可能性はあります。ですが、侵入経路の封鎖に関しては、専門家でなければかなり難易度の高い作業となります。

侵入経路の封鎖とは、家中にある小さな穴を全て見つけて、力の強いアライグマでもこじ開けられないようにしっかりと封鎖し尽くす作業です。屋根の隙間のように、危険が伴う場所でも作業が必要となります。

自分でやろうとして塞ぎ漏れがあってはアライグマは駆除しきれず、その間も被害が拡大し続けてしまい、住宅の修繕費用や、アライグマによりもたらされた病気の治療代などが掛かることもあります。

それならば、最初から業者に依頼して、追い出しや侵入経路の封鎖を行ってもらった方が、早急な解決につながるうえに、経済的にも安価に済む可能性も高いです。

まだ被害がなくても!身近にアライグマがいる場合には

まだ自宅に被害がなくても、身近にアライグマがいる場合には、侵入経路の封鎖だけでも業者に依頼すると安心です。

自宅に被害がないなら、家の中にはアライグマはいないでしょうから、この状態で侵入経路を封鎖すれば、今後アライグマに家の中へと侵入される心配がなくなります。

そうなれば、アライグマが近所のいつ、どこに現れようとも、アライグマに自宅に侵入されるという最悪の事態は避けられるので安心できるはずです。

具体的な被害がない状況で対策するのは、やり過ぎだと思う方もいるかもしれませんが、一度アライグマに自宅に侵入されると、多くの問題が発生してしまいます。

早期から対策し、万全な態勢を整えておくことをおすすめします。

アライグマ被害にお悩みでしたら当社まで

アライグマ被害にお悩みでしたら、当社ハウスプロテクトにご相談ください。

上述の通り、当社のようなアライグマ駆除業者は、アライグマにとっての最大の天敵です。苦手なものを用いてアライグマを追い出すほか、侵入経路の封鎖も徹底的に行うため、アライグマの被害を完全になくせるのです。

また、当社は現地調査やお見積りを無料で行ったうえで、ご自宅の状況に合った最適な解決策をご提案します。

さらに、もし万が一の再発時にも、最長10年間は無料にてアフターフォロー対応を行わせていただきます。

アライグマに天敵を差し向けて楽に対策したいと思っていた方も、ぜひお気軽にご相談下さい。

アライグマ駆除でハウスプロテクトが選ばれている理由5つ!口コミや依頼方法も紹介

まとめ

気性が荒くて力が強いことで有名なアライグマにも天敵はおり、具体的には、オオカミやピューマ、クマといった大型の肉食動物が該当します。ただし、これらの動物は日本にはいないようなものなので、むしろ一番の天敵は人間です。中でもアライグマ駆除業者は、アライグマにとっての最大の天敵となります。

また、天敵以外にもアライグマが苦手なものはあり、オオカミの尿や鳴き声、木酢液、ハッカ油、燻煙剤などが該当します。

ただ、アライグマの被害に遭っているなら、自分で駆除しようとするのではなく、業者に依頼して、追い出しや侵入経路の封鎖を行ってもらったほうが確実です。

または、身近にアライグマがいるけれど被害がないなら、ひとまず侵入経路の封鎖だけを行うのも有効です。当社ハウスプロテクトは、アライグマ駆除のプロですので、アライグマ被害でお困りの方はぜひお気軽にお問い合わせください。

「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「自力で対策するのはちょっと…」 「いろいろ試したがうまくいかない…」
そんな時は当社のプロにお任せください!
まずは無料調査・お見積りから!

CTR IMG
電話をかける 問い合わせフォームへ ハウスプロテクトHPへ

h