コウモリ駆除アプリがあるって本当?口コミや現場での検証結果について

近年では市街地や住宅地などで「コウモリ」の、鳴き声の騒音や糞尿による家屋への被害が多数報告されています。建物への被害で、コウモリの駆除をしたいと頭を悩ませていませんか。

コウモリはわずか5cmと身体が小さく、羽をたたむと1cm~2cmの隙間から家屋への浸入が可能です。そのため、気が付いたら建物内に大量の糞尿の被害があることも少なくありません。

こちらの記事では、駆除アプリを使ったコウモリの効果についてと、現場での駆除アプリの検証結果についてお伝えします。ぜひ、参考にしてください。

コウモリは無許可で捕獲できない

駆除をするまえに、「コウモリ」の駆除について気を付けるべき点があります。コウモリは「鳥獣保護管理法」により、捕獲または傷を付ける行為は禁止されています。

そのため、無許可でコウモリに傷をつけたり殺傷したりすると罰せられる可能性もあるため注意をしてください。自分で出来る駆除は、コウモリを追い出すことです。

もし鳥獣保護管理法に違反した場合には、1年以下の懲役、もしくは100万円以下の罰金を科せられる可能性もあり注意が必要です。

参考:国土技術政策総合研究所|研究資料

害獣駆除アプリはどのような仕組みなのか

害獣駆除アプリは、可聴域(超音波が聞こえる範囲)の広い動物が受信する「高周波のモスキート音」を発生させます。そのため、嫌がる音を発生させ動物や虫を寄せ付けなくする仕組みです。

モスキート音とは

モスキート音とは、17kHz(キロヘルツ)前後の高周波の音です。動物や虫が嫌がる音を出すことで、一定の効果があると言われています。下記の表で確認をすると、コウモリの可聴域は人間や他の動物よりかなり広いことがわかります。

ちなみに人間が聞こえる範囲(可聴域)は、20Hz~23kHz前後としていますが、モスキート音は17kHz前後です。そのため、超音波の範囲の広いお子さまや年齢が若い方、お自宅で飼っているペットに超音波アプリが聞こえる可能性が非常に高くなります。

可聴域
人間 20Hz~23kHz
コウモリ 2kHz~400kHz
67Hz~60kHz
60Hz~64kHz
ハムスター 80Hz~45kHz
ウサギ 360Hz~42kHz

参考:音楽研究所│動物の可聴域

コウモリなどの害獣や害虫駆除のアプリ

コウモリ専用の駆除アプリと言うより、害獣や害虫にも効果があるモスキート音を発生するため「害獣駆除アプリ」として使用されています。

それでは、人気のある無料の駆除アプリの口コミを合わせて3種類ご紹介します!

1|周波数ジェネレータ Android 対応

こちらの「周波数ジェネレータ」では、10種類の信号生成ツールがあります。

  1. 単一周波数
  2. マルチ周波数
  3. 音符
  4. バイノーラルビート
  5. 周波数掃引ジェネレーター
  6. ノイズジェネレーター
  7. 低音/サブウーファーテスト
  8. スピーカークリーナー
  9. DTMFトーン
  10. サウンドエフェクトジェネレーター

周波数は1Hz~22kHzを生成します。また周波数を手入力で調整が可能なのも、人気のひとつですね。

生成された信号で使用が可能な波形は、サイン|スクエア|トライアングル|ノコギリ波です。

レビュー評価|★は4.3の高評価アプリ

使いやすいです。 数字をタップすると周波数を直接入力できます。

まったく意味のないアプリ 夜中、蚊の嫌う周波数にセットして枕元に置いて就寝したがその上を蚊が飛んでいた

自分はMAX普通に聞こえた 少し自分が怖いです

カラスの駆除に使用中。とてもいい。

蚊には効果が期待の出来ないようです。こちらのアプリはどちらかと言うと、音響の調整で使用している人が多く見受けられます。

引用元:Google Play

2|超音波バリア Android/iPhone 対応

15kHz~20kHzの超音波に対応するアプリ。6つの選択が可能です。

  1. ハエ 16kHz
  2. 蚊 17kHz
  3. 犬 18kHz
  4. 猫 19kHz
  5. ネズミ 20kHz
  6. 人(若者) 15kHz

レビュー評価|★は2.6評価です。

ネズミが走り回るような音が屋根裏から聞こえるようになったので数日放置して使用してみたところ静かになりました。一時的な忌避効果はあると思いますが、使用を止めたらまた戻ってくると思うので端末を使わない時などは継続的に起動したほうが良いと思います。 素晴らしいアプリですが、消費電力がゲーム並みに大きい点は改善する必要があります。

全く無意味。全然ネズミ出てくる。 星すらつけたくない。

蚊にも五月蝿いかもしれないけど、人間にも五月蝿い音です。

犬の鳴き声は少し効いたよう。 蚊は寄ってこなくなったが、スマホが熱くなってて驚いた。発火しないか心配。

こちらのアプリでは、一時的にネズミに効いたとのレビューもありました。しかしスマホ本体が熱を持ち、充電の消費が多いため懸念されているようです。

引用元|Google Play

3|超音波害虫駆除 iPhone 対応

こちらは、害獣や害虫に対する専用駆除アプリです。さまざまな選択用のボタンで操作をします。

レビュー評価|★は3.6評価です。

半信半疑でしたがすごい!ガジガジ天井をかじり出したネズミにこのアプリ使った瞬間!ガジガジ音が消えた!本当にすごい!おすすめ!

本当に超音波が出てるのか解らないしネズミとか居なくならない!!超音波が出てるって解るようにして欲しい!!あと 頭の奥が痛くなる!!

仕事中でしたが室内でコウモリが飛び廻っていたので、目が見えず超音波で反応するとあって、アプリを見つけ窓と扉びらを開け外で使って見ました。追い出し成功!

こちらのアプリでは、コウモリやネズミへの効果があったなどのレビューや、害獣や害虫駆除への効果もなく頭が痛くなったなどのレビューもありました。

引用:App Store

【プロの見解】超音波アプリの効果は期待できない

コウモリや他の害獣や害虫を駆除するために作られた、超音波アプリをご紹介しました。超音波アプリはスマホがあれば気軽に取り入れられるのも、人気のひとつですね。

しかし、実際に駆除現場でiPhoneを使用し超音波アプリで検証したところ、まったく効果が見られませんでした。

もし駆除効果があったとしても、コウモリは超音波にすぐ慣れます。そのため超音波アプリを使用しても、巣にしていた場所へ戻ってくるでしょう。

駆除アプリが無理ならどうしたらいいの?

根本的なコウモリの駆除の方法は「侵入口を封鎖する」ことです。またコウモリの駆除は「春」か「秋」が適しています。

コウモリを追い出したあとに侵入口を封鎖することで、再発防止になります。しかし、注意する点としてコウモリは1cm~2cm程度の隙間から侵入が可能です。

そのため侵入口の封鎖をする場合には、隙間なく封鎖をする必要があります。また風通しが必要な場所では、細かい金網などや金属性の孔子プレートを使用するといいでしょう。

参考コラム:コウモリ駆除は「春」か「秋」がおすすめ!その理由とは?

さいごに

現場で検証した結果、コウモリを超音波アプリを使用して追い出す方法は、効果的ではありません。

また自分で駆除をする場合コウモリは「鳥獣保護管理法」に守られているため、万が一傷を付けてしまったり、殺傷したりした場合には罰則などのリスクも伴います。

さらに早期にコウモリの駆除をしないと、個体数が増え家屋への被害も懸念されますね。プロの駆除業者なら、許可を取らなくても季節関係なく駆除が可能です。

当社ハウスプロテクトでは、無料にて相談や現地調査へお伺いします。
ぜひ、お気軽にご連絡ください。

>「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「自力で対策するのはちょっと…」 「いろいろ試したがうまくいかない…」
そんな時は当社のプロにお任せください!
まずは無料調査・お見積りから!

CTR IMG
電話をかける ハウスプロテクトHPへ