イタチのせいでノイローゼになる?原因と対策をプロが解説

本記事は、

「イタチが屋根裏でうるさくて、眠れない日が続いている」

「このままだとノイローゼになるのでは?」

という方向けに書いている記事です。

ご想像の通り、イタチはノイローゼの原因となり、大げさではなく神経をすり減らしてしまいます。放っておけば、住宅被害に加えて、ご家族の精神が病んでしまう可能性も高いのです。

そこで本記事では、イタチがノイローゼを引き起こす原因や対策を解説します。心が健常なうちに対策を行い、日々の生活を健やかに送れるようにしましょう!

イタチはノイローゼの原因になり得る

冒頭でもお伝えした通り、イタチはノイローゼの原因になり得ます。

ノイローゼとは神経症の1つで、不適応障害のことです。ノイローゼは、うつ病と似たような病気だと思われがちですが、ノイローゼが神経症であるのに対して、うつ病は精神的な病気です。神経症は、心理的な原因が明確なものを指します。

ノイローゼになると、入院こそ必要としないものの心が病んでしまうため、これまでのような日常生活を送れなくなる可能性があります。

イタチでノイローゼになると聞いて、大げさだと思う方もいるかもしれませんが、実は、イタチをはじめとする害獣が家の中に侵入したことで、心を病んでしまうというのはよくあることです。

イタチが家に侵入すると、糞尿や悪臭、健康被害などの問題が発生するだけでも厄介ですが、ご家族がノイローゼになってしまうこともあり、仕事や学校、家事、子育てなどの社会生活を送るうえで支障を来すことになります。

参考:
ノイローゼ(神経症)とは?うつ病との違いと治療方法

イタチがノイローゼを引き起こす原因

イタチがノイローゼを引き起こす原因は3つあります。ノイローゼの発生源は、悩み抜いた挙句に生じる不安であると言われており、以下の3つがご家族にとっての悩みの種となってしまうのです。

足音がうるさい

1つ目は、足音がうるさいことです。イタチはカタカタ、ガタガタという音を立てて走り回るため、特にイタチが屋根裏にいる場合、音が気になることでしょう。

他の害獣も同じような音で動き回るので、足音だけでイタチがいると判断するのは難しいですが、アライグマなどのイタチよりも身体の大きな害獣と同じくらいの足音を立てて走り回ります。

イタチが走り回ることで天井が歪む被害が発生することもあり、小動物といえど侮れない大きさの音がしてノイローゼの原因になります。

鳴き声がうるさい

イタチは、人間にとっては耳障りの悪いキーキーという声で鳴きます。赤ちゃんの場合、少し小さな声で鳴きますが、鳴き声は同様です。ちなみに、イタチが鳴くのには3つの理由があると言われています。

  • 威嚇するため
  • 求愛するため
  • 親を呼ぶため

いずれもイタチにとっては生きるうえで必要な行為なのですが、人間には鳴き声がうるさく、ノイローゼの原因になります。

【音声あり】イタチの鳴き声って?鳴くのは繁殖期や威嚇中のサイン!

夜に活動することが多い

イタチは夜行性であり、人間が寝静まった時間帯に活発に動き出します

そのため、せっかく睡眠に入ったときに足音や鳴き声などで叩き起こされ、そのまま朝まで眠れずに、不眠症になる人もいます

そして、人間は睡眠が上手くとれないと心のバランスを崩しやすく、睡眠のことで悩む中でノイローゼになることもあるのです。

イタチの活動時間は?夜行性の害獣が家にいそうなときの注意点も解説

ノイローゼになるとどうなる?

イタチによりノイローゼになると、次の4つの症状が現れる可能性があります。

不安を感じやすくなる

ノイローゼの一番の症状と言われるのが、不安を感じやすくなることです。予期不安といって、先々のことを心配しすぎて、何も起こっていないのに悪い出来事を想像したりします。

イタチが実際に居なかったとしても、居ると思い込んで不安を感じ続けるような場合もあります。

心気的になる

心気的とは、自分の心身の状態に過度に囚われ、自分は病気ではないかと異常に疑い、その心配を他者に伝えたがるような心の状態です。

ノイローゼになると、やたらと病院に行きたがったり、自分は病気なのだからと更にくよくよしたりします

医者に依存する

ノイローゼになると、医者にやたらと依存してしまいます。

それは一見すると、医者への尊敬や信頼にも見えますが、同情を引いたり心配を掛けたりしてまで医者の注意を惹こうとすることもあり、健常な状態とは言えません

他者に影響されやすい

ノイローゼになると、他者の言動に影響されやすく、悪影響も受けやすくなります。

気分が良い時でも、他者の影響により気分がガラッと変わり、他者の暗示にかかったかのように心の状態が悪化してしまいます。

参考:
ノイローゼ(神経症)とは?うつ病との違いと治療方法

イタチ被害をなくすための対策

ノイローゼなどのイタチ被害で困っている場合、対策は大きく2点あります。

追い出し

1点目は、イタチを家から追い出すことです。なぜ追い出す必要があるのかというと、屋根裏や床下などにイタチがいるままでは、足音や鳴き声によってノイローゼの原因となってしまう可能性があるからです。

追い出す方法をいくつか紹介しておくと、まず光を用いる方法があります。これが有効なのは、イタチはキラキラと光るライトが苦手だからです。具体的には、クリスマスツリーのイルミネーションとして使うキラキラとしたLEDライトを点灯させておくことで、イタチを遠ざける効果があります。

次に、イタチが嫌がるニオイを用いる方法です。これが効くのは、イタチは嗅覚が発達した害獣だからです。具体的には、木酢液や燻煙剤などを用いることで、イタチの嗅覚に訴えかけ、イタチを遠ざけることができます。

なお、注意点として、追い出す際にイタチに近づくことは危険です。なぜなら、近づくと噛みつかれて怪我をしたり、接触して病原菌を移されてしまう可能性があるからです。そのため、危険を冒したくないなら、追い出し作業は自分で行わずにプロの業者に任せてしまった方が安全です。

再侵入予防

イタチを追い出した後には、再侵入予防を行うことが非常に大切です。なぜなら、侵入経路が開かれたままでは、せっかく追い出したイタチが再度侵入してきてしまうからです。

実は、上述した光やニオイを用いる方法には、一時的にしかイタチを遠ざける効果がありません。そのため、その一時的にイタチを追い出している間に、家中の侵入経路を塞ぎ切ることが大切です。

しかし、イタチは3cm程度の小さな穴や隙間からでも侵入出来ると言われており、家中の侵入経路を塞ぎきるのは素人には困難を極めます。特に、屋根の隙間にはこうした小さな隙間が多いうえに、侵入されると最も厄介な屋根裏へと続いています。

侵入経路を塞ぐ作業は、手間が掛かる上に、屋根裏などの作業時には事故リスクも高く、侵入経路の塞ぎ漏れも多くなりがちです。せっかく塞いだと思ったら別の侵入経路から侵入される「イタチごっこ」を防ぐためにも、再侵入予防のための作業はプロに任せた方がよいでしょう。

イタチ被害は再発しやすい!プロに頼むのがオススメ

ノイローゼなどのイタチ被害には、再発を完全に防ぐためにもプロに頼んでしまうのがおすすめです。

当社ハウスプロテクトは、イタチの駆除業者であり、これまで多くのイタチ被害を解決してきた実績があります。

また、当社は、現地調査を無料で行わせて頂いた上で、ご自宅の状態にあった解決プランを検討してご提案させて頂きます。そして、もし万が一の再発時には、最長10年の無料でのアフターフォロー対応を行わせて頂いております。

もし仮に、ご自宅にいるのがイタチでなく別の害獣だったとしても、当社はネズミやハクビシン、アライグマなど他の害獣対策も行うことも可能です。イタチによるノイローゼが気になる方は、お気軽にご相談ください。

イタチ駆除にハウスプロテクトが最適な5つの理由!評判や依頼の流れも紹介!​​

まとめ

イタチが屋根裏にいると、ノイローゼの原因となります。

ノイローゼは神経症の1つであり、イタチなどの害獣が家に侵入したことで罹るケースもよくあります。

そして、イタチがノイローゼを引き起こす原因には、足音がうるさい、鳴き声がうるさい、夜に活動することが多い、という3つがあり厄介です。

ノイローゼの症状としては、不安を感じやすくなり、心気的になり、医者に依存し、他者に影響されやすくなるといったものがあり、どれも社会生活に支障を来すものばかりです。

イタチ被害をなくすための対策としては、追い出しと再侵入予防の2点がありますが、いずれも素人には荷が重く、プロに任せた方が確実で安心でしょう。

イタチ被害の解決をプロに頼むなら、ぜひ当社ハウスプロテクトにご相談ください。

>「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「自力で対策するのはちょっと…」 「いろいろ試したがうまくいかない…」
そんな時は当社のプロにお任せください!
まずは無料調査・お見積りから!

CTR IMG
電話をかける 問い合わせフォームへ ハウスプロテクトHPへ

a