ハクビシン駆除の超音波は人体や赤ちゃんに悪影響?その他の危険性についても解説

住宅街や市街地で突然ハクビシンを見かけることはありませんか?

一見するとハクビシンはイタチに似ているため、見間違う人もおられるかと思います。

ハクビシンは「狩猟鳥獣」に該当し、一般の人が具体的な「被害」がなく、捕まえることはできません。

法律で捕まえることを禁止されているため、最近では超音波を使ってジハクビシンを撃退、駆除するグッズなども売られています。

ハクビシン駆除の超音波グッズは体に悪影響を与えたりはしないのでしょうか?

ハクビシンとはいったいどんな動物?

ハクビシンは日本に生息する外来種のジャコウネコ科の哺乳類で、日本では九州から本州にかけて生存が確認されています。

体長は成獣のもので全長90センチから110センチ(内、尾っぽは40センチから45センチ)。

東南アジア、中国南東部が原産だといわれています。

体重は3キロから4キロほどあります。

体は灰褐色ですが、手足は黒く、顔は額から鼻先まで白い線があります。

雑食で何でも食べます。特に野菜や果実を好んで食べています。生ゴミも漁ります。

ハクビシンは野生動物ですのでダニやノミが寄生しています。

また毛の抜ける「疥癬」という皮膚病になっている場合もありますので触らないようにしてください。

噛まれる場合もありますので手を出すなどは絶対にしないでください!!

ハクビシンによる被害

  • 農作物を食べ荒す。(野菜や果物)
  • 住宅の屋根裏や床下に棲みつき子どもを産む。
  • 足音などの騒音。
  • 糞尿により家屋が汚れ、悪臭を放つ。

などの被害をもたらすようです。

こういった被害を被っている場合、いったいどうしたらよいのでしょうか?

ハクビシンを駆除するための害獣駆除グッズとは

具体的な被害がなく、目撃情報のみでは捕獲することができないハクビシン。

外で見つけただけでは害はありません。

ですが屋内に住み着かれると、騒音、糞尿による汚れや悪臭、汚損、ダニの発生といった被害が。

また屋根裏で子どもを産んだりすることが多く、数が増えて大変なことに。

そして重症急性呼吸器症候群(SARS)などの感染症にも注意が必要です。

ハクビシン駆除グッズ

そこで最近特に人気なのが「超音波」を使った害獣駆除グッズ。

ホームセンターだけでなく、Amazonや楽天といった通販でも売られており、簡単に手に入れることができますよね。

ですが人体への影響はどうなっているのでしょうか。

特に妊婦さんや赤ちゃんがいるご家庭では心配なのでは?

動物を撃退させる「超音波」を人間が常時、使用しても大丈夫なのか気になるところです。

「超音波」が人へ危険性や悪影響を及ぼす?

「超音波」の用途は多い

「超音波」はどんな物に使われているでしょうか?

眼鏡屋さんでメガネを洗浄する際に使われている超音波洗浄機などは有名ですよね。

実は「超音波」、様々な業界で使用されています。

医療分野

  • エコー検査の超音波診断装置
  • 超音波メス
  • 電気メス
  • 超音波治療器
  • CRT、CT、MRI 診断に使われる核磁気共鳴診断装置
  • 歯石除去装置
  • 胎児の診断に使われている超音波ドプラ診断装置
  • 医療器具洗浄など

農畜産業分野

  • 液体をミスト化し、霧を空間全体に発生させることができる

漁業分野

  • 魚群探知機で魚の群れや海底を測ったりすることができる

工業分野

  • 金属の加工、接合、研磨、
  • プラスティックの溶着に使われる
  • 機械部品や半導体用ウエハ
  • LCD
  • レンズ部品などの洗浄など
  • 液体を分散させる、乳化する

なども可能です。

超音波の人体への悪影響について

「超音波」は医療用にも多く使われていますよね。

「微弱超音波」は人体には影響がなく、安全だといわれています。

ですが、強い出力の「超音波」は医療従事者が扱うことになっており、一般的ではありません。

では一般的に売られている「超音波」を使った駆除グッズなどはどうなのでしょう?

結論からいいますと、今現在、空中を伝搬する超音波の音量を規制する法律はありません。

ですが、105~115db以上の超音波を長時間浴びた場合、不快感を感じる場合があるといった報告があったそうです。

一般的なガイドラインにおいてですが、使用される距離範囲において105~115db以上の超音波を長時間浴びることは避けた方がよいと推奨されています。

許可なく長期で強い出力の「超音波」を使用することは危険な恐れがあるのです。

過度に「超音波」を使用した場合、体にどれくらいの悪影響を及ぼすのか、現在の時点ではまだわかっていません。

ですので、妊婦さんや小さなお子さまがいる方は取扱いに注意をしてください。

「超音波」はまだ未解明な部分が多い

マウスの胎児を使った脳への影響や、成人の若者に「超音波」を聴かせるなど、様々な実験が行われています。

今はまだ人にどれほどの影響を与えるのかは研究段階のようです。

また、一部の「超音波」グッズは誇大広告として公正取引委員会から排除勧告が出されています。

購入される際にはそういったことにも注意を払うようにしてください。

心配されるハクビシンからの感染症リスク

ハクビシンはノミ、ダニだけでなく、重篤な感染症の病気を持っている場合も。

そのため、日本では感染症対策としてハクビシンの輸入を禁止しています。

また、ハクビシンの糞尿の中にはたくさんの細菌が潜んでおり大変危険です。

野生の動物はどんな病原体を持っているのか不明な点が多い

狂犬病 日本脳炎 ウエストナイル熱 デング熱 ダニ媒介脳炎 など
日本紅斑熱 ツツガムシ病 オウム病
Q熱 ペスト サルモネラ症 レプトスピラ症 カンピロバクター症 など
皮膚糸状菌症 クリプトコッカス症
トキソプラズマ症 回虫症 エキノコックス症 アニキサス症 など
変異型クロイツフェルト・ヤコブ病など

引用元:動物由来感染症の病原体 厚生労働省より

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou18/pdf/handbook_2015-01.pdf

上記のような恐ろしい病気を引き起こす細菌や寄生虫を媒介しているのです。

ハクビシンがウロウロしている環境を放置しておくことは汚く、不潔で大変危険なのです!

ハクビシン駆除は早期対策がカギ。一匹でも見つけたらハクビシン捕獲専門業者に!!

このような危険性をなくすためには、ハクビシンを駆除することです。

ハクビシンは頭さえ入ればどんな小さな穴からでも侵入できるのです。

一匹でも出没するようになったら早めに手を打ってください。

屋内に入ってこられないように「侵入経路を封鎖」しなければなりません。

放っておくと時間の経過と共にハクビシンによる被害は拡大します。

屋内は糞尿に汚染されるだけでなく、ハクビシンがどんどん子どもを産み大変なことに!

また、ハクビシンは認可のおりた専門業者しか、捕獲はできません!!

一般の方は危険なのと禁止されていますので手を出さないようにしてください!

ハクビシンは捕獲の許可を得ている専門業者に駆除を依頼してください。

「ハウスプロテクト」ではハクビシン駆除のノウハウを使い徹底的に駆除工事します。

毒餌やトラップ設置はもちろん、侵入経路の封鎖まで、プロが徹底的に行います。

ハクビシン駆除グッズで被害が収まらない場合には、弊社「ハウスプロテクト」へご相談ください。

>「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「自力で対策するのはちょっと…」 「いろいろ試したがうまくいかない…」
そんな時は当社のプロにお任せください!
まずは無料調査・お見積りから!

CTR IMG
電話をかける ハウスプロテクトHPへ