【回虫・狂犬病】アライグマの感染症リスクや症状について徹底解説!

皆さんは、アライグマと聞いて何をイメージされますか?

もしかすると、アニメなどの影響から、アライグマにかわいいイメージを抱いている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、実際は人里で見かけたら駆除が必要になるほどの害獣です。

今回はそんなアライグマの困った被害について、感染症という観点から解説してみました。

アライグマには感染症のリスクがある

「アライグマラスカル」など、かわいらしいイメージの強いアライグマですが、その実、「特定外来生物」として登録されている害獣です。

特定外来生物に登録された経緯

元々、アライグマはカナダの南部に生息する外来種でした。1970年代、「アライグマラスカル」などの放映により、ペットとしての人気が高まり、多い年には年間1500頭ほど輸入されるようになりました。

しかし、アライグマは気性が荒く、手先が器用で脱走しやすい動物だったこともあり、その多くが逃げ出してしまったり、捨てられてしまったのです。

野に放たれたアライグマにとって日本は、天敵がいなかったことから、非常に暮らしやすい土地でした。こうしてアライグマの野生化、獣害が一気に進みました。

アライグマによる被害とは?

そんなアライグマの被害の中の主たるものに、感染症や病気のリスクがあります。

酪農学園大教授の浅川満彦氏は、アライグマについて「病原体のデパートみたいなもの」と称しており、野生動物の中でも相当危険な部類に入るでしょう。

それでは一体、アライグマによって、どのような感染症が引き起こされるのでしょうか?

狂犬病

アライグマの保有する病原菌の中で、最も恐ろしいのが狂犬病です。

狂犬病とは、狂犬病ウイルスを保有する動物に嚙まれたり、引っ掛かれたりしてできた傷口などから、ウイルスが侵入して発症する感染症です。

狂犬病にかかると、ウイルスが脳まで到達して生命維持に必要な脳の中枢を破壊し、死に至ります。現代医学ではその治療法が確立されておらず、発症するとほぼ100%死亡してしまうのです。

死に至ることはもちろん恐ろしいですが、この病気の恐ろしさはそれだけではありません。

最初は風邪と似たような症状ですが、進行すると知覚異常やけいれんによって、液体を飲むことができなくなります。また、風が吹いたり、水を見ただけでけいれん発作を起こすようになります。

過去、日本では狂犬病によって多くの命が失われました。「犬の登録や予防接種、野犬などの拘留」を義務付ける、狂犬病特有の法律ができたほどです。その結果、今では日本国内での狂犬病の感染を抑えられています。

ですが、アメリカなどの諸外国ではまだまだ現役の狂犬病。日本にいつ輸入されるか分かりません。

アライグマは、他の動物と違い、狂犬病に感染してもなかなか発症することがありません。ウイルスを保持したまま、「ゾンビ」のように生き続けるので、人間も含む他の動物に感染させるリスクも高いです。

アライグマ回虫症

アライグマ回虫症とは、アライグマに寄生している「アライグマ回虫」と呼ばれる寄生虫が、人体にも寄生することによって引き起こされる病気です。

アライグマ回虫症にかかると、重度の脳障害を引き起こします。アライグマにとっては何の問題にもならないこの回虫ですが、人間の体内に移ると、人体の様々な部位に転移してしまいます。

回虫の幼虫が目に入り込んだ場合、最悪の場合、失明に至ります。脳に入り込んだ場合には、脳障害の結果、死んでしまうケースもあります。

アメリカでは1981年以降、アライグマ回虫の感染が原因の重症脳障害患者が少なくとも25例確認され、うち5人が死亡しているとのことです。

このアライグマ回虫のさらに恐ろしい所は、直接アライグマに触れなくても、糞から人へと感染してしまう点です。土の中に糞が埋まっていて、それを知らずに触ってしまうことも十分考えられます。

重症熱性血小板減少症(SFTS)

重症熱性血小板減少症(SFTS)は、ダニが持つ「SFTSウイルス」によって引き起こされる病気です。アライグマは、「SFTSウイルス」を持ったダニに寄生されている可能性があります。

SFTSウイルスに感染した場合、38度以上の発熱や消化器系への症状が発生します。重症化すると死亡の可能性もあり、なんと10人かかったら1~3人は亡くなってしまうというデータもあります。

加えて、発熱や頭痛、筋肉痛、失語症などの神経症状、首の腫れなども併発する恐れもあります。

レプトスピラ症

レプトスピラ症は、アライグマの尿で汚染された土壌から感染する細菌症です。発症すると、悪寒、発熱、頭痛、全身の倦怠感などに見舞われます。

さらに重症化すると、エボラ出血熱と同じくらいの重い全身出血を伴ったり、小さな血栓が全身の血管のあちこちにできてしまう場合もあり、死亡率は5〜50%にものぼる、恐ろしい病気です。

アライグマ=害獣だと認識することが大切

これまでの内容で、アライグマは様々な病原菌を媒介する事は分かっていただけましたか?実は、こういった衛生面での心配以外にも、アライグマには困った習性が多々あります。

例えば、アライグマが屋根裏に住み着いてしまった場合、アライグマの糞尿が下の階に染みてきたり、天井が落ちてしまうことがあります。

というのも、アライグマには同じ場所で排泄するという習性があるため、屋根裏を住処とした場合に、一定の場所に大量の糞尿が溜まります。

そして大量に溜まった結果、天井材が腐り、最終的に糞尿やアライグマの重さに耐えきれず、天井が落ちてしまうこともあります。

また、ゴミあさられたり、小型のペットを食べられてしまったり、農作物への被害もあります。

アライグマを見かけても絶対に触らない!

この記事をここまで見てくださった方は、アライグマがどれだけ危険な動物なのか、ご理解いただけたかと思います。

アライグマを見かけても絶対に触らないことが重要です。近所や、家の中、例えば屋根裏などに住み着いているのを見かけても、触らないのはもちろん、自分で駆除してはいけません。

衛生面の問題だけでも捕獲はもちろん厳禁ですが、法律面でも、狩猟免許や自治体の許可がある場合を除いて、アライグマの捕獲は禁じられています

近所にアライグマがいたら専門業者に依頼しよう

もし、近所や家の中でアライグマを見つけた場合には、アライグマ捕獲のスキルを持つ専門業者への依頼がベストです。

「いきなり駆除依頼までするのは腰が重い」という方は、まずは相談だけでもしてみてください。アライグマ専門業者のハウスプロテクトなら、無料で電話・メール相談を行っております。

懇切丁寧にヒヤリング、被害状況に応じて適切な提案を致しますので、まずはご相談ください!

>「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「自力で対策するのはちょっと…」 「いろいろ試したがうまくいかない…」
そんな時は当社のプロにお任せください!
まずは無料調査・お見積りから!

CTR IMG
電話をかける ハウスプロテクトHPへ