ハクビシンは夜行性?身近にいる気配を感じたときにやるべきこと

「夜に天井裏から物音がしたけれど、もしかしてハクビシンかな?」と、お調べではないでしょうか。

ハクビシンは夜行性の動物なので、夜に家のどこかで物事がすると「侵入されているかもしれない」と心配になるかもしれません。

もしもハクビシンが侵入している可能性があるのなら、被害が大きくなる前に対策に取り掛かるのがオススメです。

今回はハクビシンの昼夜の行動や、夜間の被害予防、対策の方法などについて解説します。

夜行性のハクビシンを放置しておくのは騒音被害を中心に大きなストレスになるので、早めに対処してください。

ハクビシンは夜行性!昼と夜の行動について

ハクビシンは夜行性!昼と夜の行動について

ハクビシンは、夜行性の動物です。

したがって、活動時間は夜間が中心となります。

時期にもよりますが、日が落ちる17時〜18時ごろから日が昇る5時〜6時ごろの間に活動することが多いです。

しかし、朝方や夕方のようにまだ日が落ちていない時間帯も動くことがあるので注意が必要です。

ハクビシンの昼の行動と夜の行動について、それぞれ順番に見ていきましょう。

ハクビシンの昼の行動

ハクビシンは、昼間は寝ていることがほとんどです。

昼は屋根裏や軒下、倉庫といった目立ちにくいところで休んでいることが多いでしょう。

夜行性な上に警戒心が強いハクビシンは、休んでいるときに簡単に見つけることができません。

寝床を複数作ることも多く、20個ほどの寝床が存在する場合もあります。

いくつかの寝床を転々と移動するのが特徴です。

ただし、昼間にエサを求めて活動する場合もゼロではありません

ハクビシンは5km先くらいなら行動範囲内です。

「予想外の場所で出会って驚いた」ということも珍しくないので、注意しておきましょう。

ハクビシンの夜の行動

ハクビシンは、夜行性なので夜に活発に動き回ります。

雑食でなんでも食べるので、家のなかの食べ物や畑にある農作物、外に出していた生ごみなど、いろいろなものが夜間に食い荒らされる可能性があるので要注意です。

ハクビシンは特に果実や木の実が好きだとされています。

したがって、ハクビシンが通る場所に果実や木の実を置いておくと高確率で被害に遭います。

また、ハクビシンは木登りもできて、高い位置の移動も得意です。

夜に電線のほうを見上げるとハクビシンが移動していることもあります。

ハクビシンによる被害は夜間中心

ハクビシンによる被害は夜間中心

ハクビシンによる被害は、夜間が中心です。

先ほどお伝えしたさまざまなものを食い荒らされる以外にも、いろいろな被害が発生します。

たとえば、以下のような被害が挙げられるので注意してください。

  • 足音による騒音被害
  • 糞尿による悪臭被害
  • 糞尿による家屋の劣化被害
  • ハクビシンの重みで天井が抜ける被害

ハクビシンによる被害は、多岐にわたります。

夜中に動いている音が聞こえたり、朝になってゴミが荒らされていることに気付いたり、ハクビシンの存在に気づくキッカケはさまざまです。

いずれにしてもハクビシンが身近にいるのに放置しておくのは被害がどんどん大きくなるのでオススメできません。

ハクビシンは放置すると増えることも

被害が出ているのにハクビシンを放置しておくと、数が増えて被害が大きくなります。

ハクビシンは1年に1回、3頭程度の子供を出産するからです。

屋根裏の断熱材で巣を作っている場合、そこで出産する可能性も高いでしょう。

そうなると、重さで天井が抜ける確率は一気に上がります。

騒音や悪臭が我慢の範囲内だとしても、早めに対応するのがオススメです。

ハクビシンによる夜間の被害を予防するには?

ハクビシンによる夜間の被害を予防するには?

「ハクビシンによる夜間の被害を予防するには、どうしたら良いのだろう?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

被害は夜間に起きやすいですが、昼間のうちにできる対策は多いです。

ハクビシンの被害にお悩みなら、以下のような対策を行ってみてください

  • ゴミ出しの時間をギリギリにする
  • 食べ物を見えやすい場所に置かない
  • 屋根裏に近い木を切る
  • 電気柵を設置する

これらの対策をすることで、ハクビシンが好まない環境に整えることができます。

特にゴミ出しの時間や食べ物の位置については簡単にできるので、ぜひ試してみてください。

ハクビシンが寄ってこないように、生ゴミや果物、ペットフードなどエサとなるものは目につかないように気をつけるのが良いです。

また、可能であれば屋根裏に近い場所にある木を切ることで、木から家に飛び移られるリスクを減らすことができます。

ちなみに、電気柵を設置する際には高さに気をつけなければなりません。

ハクビシンが通り抜けてしまわないように、地面から5cmくらいの高さを目安に設置するのが良いでしょう。

自力でできるハクビシン対策については、以下の記事で詳しく解説しています。

有効な駆除グッズも紹介しているので、気になる方は読んでみてください。

【プロが解説DIY】自力でできる!ハクビシン退治の初期段階で行うべき対策

ハクビシンが家に侵入しているおそれがあるなら

ハクビシンが家に侵入しているおそれがあるなら

ハクビシンが家に侵入しているおそれがあるなら、早めに対処しなければ被害がどんどん大きくなってしまいます。

自力でのハクビシン対策をご紹介させていただきましたが、すでに家に侵入されている可能性があるなら害獣駆除の専門家に相談するのがオススメです。

ハクビシンはエサとなるものを隠すなどして寄り付きにくくしても、家の中に寝床を作っているならまた家に入ってきます。

被害をなくすためには、再侵入まで予防して、総合的なハクビシン駆除をしなければなりません。

ハクビシンは直径10cm程度の穴があれば家の中に入ってこれるので、自力での完全な再侵入予防は難しいです。

早めに専門家に相談することによって、被害を最小限に食い止められます。

また、専門家に依頼すれば、単にハクビシンを追い出してくれるだけではなく、糞尿の清掃・消毒まで行ってもらえるのも嬉しいポイントです。

ハクビシンは同じ場所に排泄を行うので、放置しておくとどんどん住宅が劣化してしまいます。

駆除をした上で再侵入を予防し、安全な暮らしを取り戻しましょう

ハクビシンの駆除業者をお探しでしたら

害獣駆除の専門業者をお探しでしたら

ハクビシンの駆除業者をお探しでしたら、当社「ハウスプロテクト」にご相談ください!

夜行性のハクビシンを放置していたら、睡眠の妨げなど心身に悪影響があるので気をつけなければなりません。

夜中にドタバタと音が聞こえる日が続くと、ノイローゼの原因にもなってしまうので要注意です。

当社にお任せいただければ、ハクビシンの駆除、再侵入の予防、糞尿の清掃・消毒など、幅広くご対応させていただきます

また、当社は顧客満足度調査で三冠を達成したほか、Googleの口コミにおいても多数の高評価をいただいております。

24時間365日いつでもお問い合わせに対応しており、最短即日30分で無料の現地調査・お見積りに伺うことが可能です!

ハクビシンの被害に少しでもお悩みでしたら、まずはお気軽にお問い合わせください!

まとめ

ハクビシンは夜行性ですが、昼間に動き回ることもあります。

家の近くや家の中にハクビシンがいると、食べ物を食い荒らされる被害や、夜中の騒音被害、糞尿による悪臭被害などいろいろなトラブルに悩まされてしまうので注意が必要です。

もしもハクビシンが侵入している可能性があるのなら、被害が大きくなる前に対策に取り掛かりましょう。

すでに家の中に侵入されている場合は、ご自身だけでのハクビシン対策は難しいです。

ハクビシンの駆除について経験や知識が豊富な当社「ハウスプロテクト」にぜひご相談ください!

「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「自力で対策するのはちょっと…」 「いろいろ試したがうまくいかない…」
そんな時は当社のプロにお任せください!
まずは無料調査・お見積りから!

CTR IMG
電話をかける 問い合わせフォームへ ハウスプロテクトHPへ

a