イタチによる健康被害は?今すぐに行うべき対策もプロが解説!

「イタチによる健康被害は、どのようなものがあるのだろうか?」と、不安になっていませんか。

実は、イタチは様々な病原菌やウイルスを保有しており、最悪の場合命に関わる病気になる恐れがあるため危険です。

本記事では、イタチによる病原菌やウイルス、イタチが保有しているダニやノミなどによる健康被害についてご紹介します。

イタチによる健康被害について正しく理解し、根本的な対策を行う参考にしてください。

イタチによる健康被害は幅広い

イタチによる健康被害は、以下のようなものがあります。

  • 病源菌やウイルスによる健康被害
  • 足音や鳴き声などの騒音による健康被害
  • ノミやダニによる健康被害
  • 糞尿や体臭などニオイによる健康被害

など、さまざまな原因があります。

それぞれの健康被害について解説します。

イタチの病原菌やウイルスによる代表的な健康被害

イタチが保有している代表的な病原菌やウイルスは、以下のとおりに分けられます。

  • サルモネラ菌
  • レプトスピラ菌
  • 鼠咬症スピリルム
  • ハンタウイルス
  • 狂犬病ウイルス

それでは、それぞれの特徴や症状について見ていきましょう。

サルモネラ菌

嘔吐や腹痛、下痢などの症状を引き起こすサルモネラ菌。

サルモネラ菌は、広大な自然界に生息している病原菌です。

食中毒を起こす病原菌として知られています。

致死率は1%と少ないですが、毎年2500名以上の感染が報告されています。

イタチはサルモネラ菌を保有しており、汚染された調理器具や食器などを使用すると感染します。

レプトスピラ菌

イタチが排泄した場所にある土や水を媒介して、レプトスピラ菌に感染することがあります。

感染すると、発熱、筋肉痛、下痢、嘔吐、頭痛などの症状を引き起こす病気です。

致死率は5%ですが、適切な治療をしていないと、致死率が20~30%となることもあるため十分注意をしてください。

鼠咬症スピリルム

鼠咬症スピリルムとは、鼠咬症を引き起こす病原菌です。

鼠咬症はその名のとおり、ネズミに噛まれることで発症する病気です。

しかしネズミのみならず、イタチによっても引き起こされる可能性があるのです。

イタチに噛まれる以外に、病原菌に汚染された食品を食べてしまうと感染します。

感染すると、3~10日の潜伏期間を経て、菌血症を起こします。

発熱、悪寒、頭痛、嘔吐、筋肉痛などを引き起こす可能性があります。

ハンタウイルス

イタチやネズミの唾液や糞尿に、ハンタウイルスは存在します。

そのため、イタチに噛みつかれた傷口からウイルスが体内に侵入したり、飛沫を吸い込んでしまったりすると感染します。

ハンタウイルスの症状は、はじめインフルエンザのような症状がでます。

その後に高熱が出て、咳や呼吸困難、腎臓機能障害や皮下出血などの症状がでることも。

死亡するケースもあり、大変危険なウイルスです。

狂犬病ウイルス

犬だけではなく、すべての哺乳類に感染する恐れがあり狂犬病ウイルス。

イタチに噛みつかれ、体内に唾液が侵入することにより感染します。

狂犬病の症状として、発熱や食欲不振、不安感や興奮状態となり重症化すると昏睡状態になるため大変危険です。

昏睡状態になると、呼吸困難となりほぼ100%の確率で命を落としてしまします。

▼ イタチの病源菌や感染症のリスクについて、詳しい内容は下記のコラムをご覧ください。

イタチのもつ病原菌とは?感染症や衛生へのリスクを専門家が解説

イタチの足音や鳴き声による健康被害

イタチや屋根裏や天井裏にいると、夜中にドタバタとする音や鳴き声などが聞こえてくるでしょう。

イタチが建物内にいるだけで精神的にストレスですが、騒音により眠れなくなりノイローゼになる方もいます。

またイタチが繁殖し個体数が増えると、足音や鳴き声の騒音被害が拡大します。

そのため、1日でも早くイタチの対策をした方が良いでしょう。

イタチについているダニやノミによる健康被害

イタチには、ダニやノミが大量に付着しています。

建物を走り回るイタチから、ダニやノミが布団やカーペットに移った場合、家中がダニやノミだらけになることも少なくありません。

ダニやハウスダストが原因となり「アレルギー性の喘息」「アトピー性皮膚炎」などを引き起こす原因となります。

また、ノミもダニと同様に「ノミアレルギー性皮膚衛」と呼ばれる、皮膚疾患を引き起こします。

病源菌やウイルスに比べると大丈夫だろうと侮っては危険です。

イタチの出すニオイによる健康被害

▲ 画像:イタチの糞

害獣の中でも、イタチの糞尿は強烈な悪臭を放ちます。

天井裏などに住み着き糞尿をされると、家の中にいられないほどの悪臭が蔓延します。

そのため、イタチの被害をニオイで気づくことも少なくないようです。

他の害獣よりも悪臭を放つイタチの食性は、肉食よりの雑食でカエルやネズミなどを食べているため、果実や木の実を好む害獣より糞や体臭のニオイが臭くなります。

さらに糞尿の悪臭を放つと、イタチを追い出しても市販の消臭スプレーでは消臭は難しくなります。

▼ イタチの騒音や感染症、ニオイについて、詳しい内容は下記のコラムをご覧ください。

臭いを中心としたイタチの被害について撃退方法も一緒に解説

イタチが身近にいるなら早めに駆除するべき

イタチが身近にいるなら、早めに駆除をした方が良いでしょう。

そのうち出ていくだろうとイタチをそのままにしておくと、家中を徘徊するため病原菌やウイルス、ノミやダニなどが蔓延してしまいます。

さらに、糞尿をすることで家の中に悪臭がするだけでなく、木材が腐敗したり断熱材で巣を作ったりするため建物の劣化も懸念されます。

ご自身で、イタチ駆除に挑戦する方も多いですが、短期間では解決は難しいのが現状です。

そのため、早めにプロの駆除業者へ依頼することが最短に解決します。

イタチの捕獲には申請が必要

イタチは「鳥獣保護管理法」に守られているため、無断で捕獲や駆除はできません。

仮に、無断でイタチを捕獲や駆除をしてしまうと、法律違反となり1年以下の懲役、もしくは100万円以下の罰金を科せられる可能性があります。

そのため、イタチを自力で捕獲や駆除をする場合、お住まいの保健所や地方環境事務所などの自治体へ申請する必要があります。

イタチの駆除業者をお探しでしたら

イタチの駆除業者をお探しでしたら、ぜひ「ハウスプロテクト」にご相談ください。

当社では、イタチの駆除や再発防止には必須の侵入経路の封鎖、糞尿の清掃や消毒、消臭など幅広い作業をまとめてご依頼いただくことが可能です。

また、24時間年中無休にて、電話もしくはメールでご相談を受け付けています。

早急な対応のご希望があれば、即日30分で現地調査やお見積りを無料で承ります。

困ったことがありましたら、ハウスプロテクトへお気軽にご連絡ください。

ハウスプロテクトの駆除方法の詳しい内容は、下記のコラムをご覧ください。

イタチ駆除にハウスプロテクトが最適な5つの理由!評判や依頼の流れも紹介!​​

まとめ

本記事では、イタチによる病原菌やウイルス、騒音や悪臭などによる健康被害についてご紹介しました。

イタチが身近にいると、さまざまな病気になる恐れがあります。

さらに病気以外の、騒音や悪臭などの問題もあるため、早急に対策することをおすすめします。

イタチを追い出すだけなら自身でもできる可能性がありますが、再発防止のための完璧な侵入経路の封鎖は専門家でなければ難しいでしょう。

イタチの被害にお困りでしたら、早めにプロの駆除業者へご相談ください。

ハウスプロテクトのお問合せ先はこちらからどうぞ!

 

「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「自力で対策するのはちょっと…」 「いろいろ試したがうまくいかない…」
そんな時は当社のプロにお任せください!
まずは無料調査・お見積りから!

CTR IMG
電話をかける 問い合わせフォームへ ハウスプロテクトHPへ

h