アライグマ退治の超音波装置はどこに置くと効果的?設置場所の例をご紹介

アライグマの駆除に超音波を利用されていて、思うような効果が発揮されずに悩まれている方もいるのではないでしょうか。

本来、アライグマを追い出すために超音波を利用するのは有効です。もし、思うような効果が発揮されないときは、駆除グッズ自体の欠陥や設置場所を確認してください。

アライグマの侵入経路や通り道に設置できていない可能性や、超音波が発せられていない(欠陥)可能性も疑う必要があるでしょう。

いずれをしても改善されない場合は、駆除をプロに依頼することも視野に入れてください。

今回は、アライグマの駆除に悩んでいる方に向けて、見直しのポイントや改善点についてお伝えしています。

【必見】超音波駆除グッズの効果が出ないなら設置場所の見直しが必要!

アライグマの駆除に超音波を利用されている方、思うような効果が出ない理由は「設置場所」に問題があるかもしれません。

超音波による駆除装置はペットがいる家庭では利用できなかったり、動きに反応して発するグッズもあったりするため、屋外で利用されている方がほとんどでしょう。

もしも思うような効果が発揮できていない場合は、アライグマの通り道や侵入場所付近に設置できていない可能性が高いです。

まずは、アライグマの被害を防ぐために効果的な設置場所はどこなのか?効果が思うように発揮されないときに確認すべきことは何か?について詳しくみていきましょう。

アライグマの侵入場所・通り道に設置すると効果的

超音波駆除グッズは、360°全方位に超音波を発するものもありますが、すべての侵入経路をカバーできていない可能性は高いでしょう。

仮に、自宅内全周囲に超音波駆除装置を設置しようとすれば、複数台の装置を準備しなければいけないため費用もかさんでしまいます。

ある程度的を絞って設置する必要がありますが、おそらくアライグマの侵入経路ではない場所に設置しているかと思われます。

また、侵入経路をカバーできていたとしても、自宅内に住み着いている可能性もあるでしょう。

とくにアライグマは、気温が低くなると天井裏や床下に住み着いて体力の消耗を抑える害獣です。

万が一、自宅内に住み着いているアライグマをそのままにしておけば、人体への健康被害や家屋への損害も発生する恐れがあります。

もし、ペットを飼っているなどの理由から自宅内で超音波駆除装置を利用できない事情があるときは、専門家へ駆除依頼も検討してください。

アライグマに効果のある超音波駆除グッズが設置されていない可能性

アライグマに対する超音波駆除装置は一定の効果が見込めますが「超音波を発する駆除装置はすべて同じ」と思っていませんか?

アライグマの可聴域(聞こえる音の範囲)は100Hz~50kHzです。この範囲内で発する超音波駆除グッズを購入しなければいけません。

人間の可聴域が20Hz~23kHzであることを理由に、極端に高い音の超音波駆除グッズを購入されている可能性はないでしょうか。

下記記事では、アライグマに対する超音波駆除の有効性やおすすめの駆除グッズをご紹介しています。思うような効果が出ないで悩まれている方は、ぜひ参考にしてください。

アライグマ駆除に超音波は有効?プロの目線で持続時間や有効性について解説

アライグマの侵入経路は痕跡をたどれば把握可能

アライグマを超音波で追い払うためには、侵入経路や通り道に超音波駆除装置を設置しなければいけません。

ただ、アライグマの性質を理解されていない方は、侵入経路や通り道の把握は非常に困難です。

当てずっぽうで設置しても思うような効果が発揮されないのは当然でしょう。しかし、アライグマもかならず「何かしらの痕跡」を残しているはずです。

次に、アライグマが好む場所や痕跡についてもお伝えします。少しでも痕跡らしきものが発見できた方は、痕跡付近に超音波駆除装置の設置を検討してください。

痕跡は糞・足跡・食べかすで痕跡をたどれる

アライグマは足跡が残りやすい害獣であるため、屋外から屋内への侵入が頻繁に行われているときは、かならず痕跡が残っているはずです。

画像出典:農林水産省|アライグマ

上記画像のような足跡が発見されたときは、足跡を追うことでおおよその侵入経路を発見できます。

ただ、アライグマは非常に学習能力の高い害獣であることから、複数箇所の侵入経路を把握している可能性があります。

1箇所カバーできたからと言って、駆除に成功したとは限りません。油断せず、他の侵入経路の発見を目指しましょう。

足跡の他には糞や食べかすによる通り道や住み処の発見も可能。

画像出典:農林水産省|アライグマ

なお、アライグマの糞には感染症(アライグマ回虫の幼虫移行症)の原因となる菌が含まれている可能性があります。

万が一、アライグマ回虫の幼虫移行症に感染してしまうと、中枢神経障害や網膜炎の発症、海外では死亡例も報告されています。

絶対に素手では触れずにゴム手袋の使用を徹底し、不安が残るときはかならずプロへ相談してください。

アライグマの駆除がうまくいかないなら装置の欠陥が原因である可能性あり

アライグマの侵入経路や通り道に超音波装置を設置しているにも関わらず、駆除がうまくいかない場合は装置自体の欠陥を疑ってください。

超音波は人間の耳で聞き取ることのできない音であるため、本当に超音波が発せられているのかどうかを把握することが難しいでしょう。

ただ超音波駆除装置の中には「光」も同時に発するグッズがあります。万が一、一切の反応がないとか光り方が弱いなどのことがあれば欠陥の可能性が高いです。

とくに屋外で使用される超音波駆除グッズでは、雨や風による影響を少なからず受けている可能性があります。

超音波駆除装置はかならずしも万能なグッズではないことを再認識しておいてください。

被害が収まらないときはプロに相談したほうが良い

超音波駆除グッズの設置場所や欠陥を疑ってもなお、被害が収まらないときは、害獣駆除の専門家に駆除を依頼されたほうが良いです。

とくにアライグマは床下や天井裏など暗い場所を好んで住み着きます。

超音波での駆除に効果を見出だせない場合は、より効果的な対策を行う必要があるでしょう。

アライグマの駆除は時間が勝負

アライグマは感染症や狂犬病など、最悪の場合には「死」に至らしめる菌を持っている害獣です。

また、アライグマは可愛らしい顔とは裏腹に非常に凶暴な害獣であるため、放置していれば人間やペットへ影響をあたえかねません。

とにかくアライグマの姿が見えたとき、疑わしいときは早め早めに対応しておかなければ、最悪の事態を招いてしまう結果になるでしょう。

アライグマの駆除はハウスプロテクトに相談!

アライグマの駆除でお困りのことがあれば、害獣駆除業者である「ハウスプロテクト」にご相談ください。

アライグマの侵入経路の発見から駆除、清掃や消毒まですべて対応させていただきます。

また、当社では細かい部分まで発見・侵入口の封鎖まで行っています。

アライグマの侵入を放置していると、人体やペットへの影響にとどまらず家屋への損壊もあたえかねません。

とにかく早めの対応、自分での駆除は厳しいと思ったときにはすぐにプロへの相談など、迅速な対応が必要です。

さいごに

今回は、超音波駆除グッズがアライグマに効果が出ないときはどうすれば良いのか?についてお伝えしました。

アライグマに対する超音波駆除は、本来一定の効果が見込めます。しかし、効果がいまいち発揮されない場合は、設置場所や駆除グッズの欠陥が疑われます。

もし、設置場所を変えたり駆除グッズを新調したりしてもなお効果が出ないときは、駆除をプロに依頼することも検討してください。

>「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「自力で対策するのはちょっと…」 「いろいろ試したがうまくいかない…」
そんな時は当社のプロにお任せください!
まずは無料調査・お見積りから!

CTR IMG
電話をかける ハウスプロテクトHPへ