アライグマのせいでノイローゼに!?放置が危険な理由を解説

「アライグマの足音がうるさすぎてノイローゼになりそう」とお悩みではないでしょうか。

ネズミやイタチよりもサイズが大きく、移動するだけでドタバタとうるさいのがアライグマの特徴です。夜行性なこともあり、夜中の騒音被害で苦しむ人はたくさんいます。

天井裏に住み着いたアライグマの騒音によって、ノイローゼになってしまう人は決して少なくありません

今回はアライグマによるノイローゼ被害についてや、そのほかの被害、早めに行うべき対処法などについて解説します。

ノイローゼになるような環境をそのままにしておくのは良くありません。早めに駆除の決断をして、安心で安全な暮らしを取り戻してください

アライグマのせいでノイローゼになることもある

アライグマのせいでノイローゼになることもある

「アライグマの騒音のせいで病気になってしまいそう」とお考えの方もいらっしゃると思います。

真夜中に大きな音が天井から聞こえてくるのはうるささもあるうえに、たとえば「もしかすると天井が抜けてしまうかも」といった心配も感じやすいです。

実際に、アライグマのせいで思い悩み、ノイローゼになるケースは決して珍しくありません

ノイローゼの症状については後述しますが、ストレスによる胃痛や睡眠障害などさまざまな問題が発生してしまいます。

アライグマがノイローゼの原因になる理由

なぜアライグマがノイローゼの原因になるかというと、代表的な理由は騒音被害です。

アライグマは体が大きく、足音も大きいので、身近にいると悩む人が多いとされています。

ドタバタ、ドタドタといった大きな足音が聴こえてくる環境は、精神的に大きな負担です。

また、アライグマは夜行性の動物なので、人が寝る頃に動き回ります。

したがって、単にうるさいだけではなく、睡眠の邪魔もされて余計にストレスがかかってしまうのです。

家の中で繁殖されると個体数が増え、騒音被害はさらに大きくなってしまいます。

ノイローゼの症状

ノイローゼの症状

「ノイローゼになったらどのような症状が出るのだろう?」と疑問に思っている方もいるでしょう。

ノイローゼの症状として代表的なのは、以下の通りです。

  • 強い不安感
  • 緊張
  • イライラ
  • 恐怖感
  • 気分の落ち込み
  • 不眠
  • 動悸
  • めまい
  • 吐き気

精神的な症状だけではなく、身体的な症状も出るおそれがあるので注意しなければなりません。

症状が続くと今まで通りに生活していくのも困難になることがあります。

アライグマによるノイローゼが疑われる場合

アライグマによるノイローゼが疑われる場合

「もしかしたらもうアライグマのせいでノイローゼになってしまったかも」とお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

アライグマによるノイローゼが疑われる場合には、一刻も早く治療に取り組むことが大切です。

放置していると、より症状が重くなることも考えられます。

まずは精神科や心療内科に行って、相談してみましょう

一般的にはカウンセリングを中心とした治療が行われることが多いです。

また、いくら治療をしても、アライグマが身近にいるままでは完治は難しいでしょう。

早めにプロの駆除業者に相談して、アライグマが身近にいない安心した環境を取り戻す必要があります。

ノイローゼ以外のアライグマによる被害

ノイローゼ以外のアライグマによる被害

「まだノイローゼにはなっていないし、アライグマについて当分は様子見でも良いかな?」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、アライグマが身近にいるときに放置することはオススメできません。

ノイローゼ以外にも、以下のような被害が出てしまうケースが多いので要注意です。

  • 糞尿被害
  • 病気への罹患
  • 家屋への被害

どれも放置しているとどんどん状況が悪化してしまいます。

それぞれがどのように悪影響が出るのか、順番に見ていきましょう。

糞尿被害

1つ目は、糞尿被害です。

アライグマは体のサイズが大きいので、足音も大きいとお話しました。

足音に加えて、フンのサイズも大きいのが特徴です。

アライグマは同じ場所で排泄行為を繰り返し行う、溜めフンという習性があります。

したがって、屋根裏にアライグマがいる場合には糞尿がどんどん蓄積され、天井の板にシミができてしまうケースも珍しくありません。

さらに被害状況が悪化すると、天井板が腐って、天井が落ちてくることもあります。

アライグマは雑食なので糞尿のニオイもキツく、悪臭被害によってノイローゼになる人もいるほどです。

▼アライグマの糞尿被害については、以下の記事で詳しく解説しています。

屋根裏や天井のシミ、雨漏りはアライグマの糞尿が原因?今すぐ行うべき対策とは

病気への罹患

2つ目は、病気への罹患です。

アライグマはいろいろな病原菌を保有し、人間に被害をもたらすことがあります。

自然界で暮らす害獣は、普段人間の身近にないような病原菌まで保有していることがあり、注意しなければなりません。

アライグマそのものに触れない場合でも、糞尿から病気に罹患してしまうケースもあるので要注意です。

また、アライグマが家に運び込んできたダニやノミによる被害で苦しむ人も少なくありません。

▼アライグマのもつ病原菌については、以下の記事で詳しく解説しています。

アライグマのもつ病原菌とは?感染症・健康被害のリスクを解説

家屋への被害

3つ目は、家屋への被害です。

アライグマは家に侵入してきたら、寝床にしたり、繁殖の場所にしたりします。

主に使用されるのは天井裏なのですが、天井裏にある断熱材がアライグマによってボロボロにされるケースが多いです。

また、先ほどお伝えした溜めフンの習性によって、天井裏の壁や床、柱などが腐食することもあります。

時間が経てば経つほど、被害が大きくなり、リフォームに必要な費用も高額となるので気をつけなければなりません。

アライグマが身近にいるならプロに相談すべき

アライグマが身近にいるならプロに相談すべき

すでにアライグマが身近にいるのであれば、早めにプロに相談するべきです。

「自分でどうにかしたい」「業者に依頼するのは高くなりそうで心配」など、いろいろお悩みかと思います。

しかし、アライグマは攻撃的な一面を見せることもあり、ご自身での対策はあまりオススメできません。

そもそもアライグマは法律で保護されている動物なので、許可のない殺傷や捕獲は法律違反となってしまいます。

アライグマの嫌がるニオイで追い出すことは可能ですが、ニオイに慣れるとまた戻ってきてしまい被害が落ち着かないケースも多いです。

ノイローゼやその他の被害状況が悪化する前に、専門知識のあるプロに話を聞いてもらうのが良いでしょう。

アライグマの徹底駆除をご希望でしたら

害獣駆除ならハウスプロテクトにお任せください!

もしもアライグマの駆除を任せる業者選びでお悩みでしたら、ぜひとも当社「ハウスプロテクト」にご相談ください

アライグマのせいでノイローゼになってしまうと、今まで通りに暮らすことも難しくなります。

また、ノイローゼ以外にも人や家にさまざまな悪影響が及ぼされてしまうので、早めの解決が重要です。

当社にお任せいただければ、単なる追い出しにとどまらない総合的かつ根本的な駆除を実現いたします。

アライグマ被害は再発しやすいですが、当社は再発させない害獣駆除がモットーですのでご安心ください!

現地調査やお見積もりには料金が必要ありません

24時間365日お問い合わせ受付中です!

アライグマ駆除でハウスプロテクトが選ばれている理由5つ!口コミや依頼方法も紹介

まとめ

アライグマによる騒音被害によって、ノイローゼになってしまう人が少なくありません

ノイローゼになると心身が不調になるので、早めに改善するべきです。

アライグマはノイローゼ以外の被害ももたらすので、放置は厳禁だと覚えておいてください。

もしもアライグマの徹底駆除をご希望でしたら、当社ハウスプロテクトにお問い合わせいただければ幸いです。

24時間365日、いつでも無料の現地調査やご相談をお受けしております!

>「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「自力で対策するのはちょっと…」 「いろいろ試したがうまくいかない…」
そんな時は当社のプロにお任せください!
まずは無料調査・お見積りから!

CTR IMG
電話をかける 問い合わせフォームへ ハウスプロテクトHPへ

h