イタチのもつ病原菌とは?感染症や衛生へのリスクを専門家が解説

皆さん、こんにちは。

最近、「近所にイタチらしき動物を見かける」という方、イタチの被害は騒音や悪臭だけではありません。イタチは時に、恐ろしい病気を媒介します。今回はそんな、イタチが及ぼす健康被害について解説しました。

イタチってどんな動物?

「イタチ」という名前だけは聞いたことがあっても、その生態など、詳しく知っている方はごく少数ではないでしょうか?ということで、本題に入る前に、ここで簡単にイタチについて説明したいと思います。

イタチは小さく細長い動物で、哺乳類のイタチ属に属しています。鼻先が尖っていて、顔には丸く小さな耳があり、可愛らしい顔立ちをしています。

しかし、見た目に反してニワトリやウサギなど、自分より一回りも大きいサイズの動物をたった一匹で狩りにいくなど、凶暴な一面も持っています。水辺を好み、泳ぐのが上手いのも特徴です。

ちなみに、ペットとしてよく飼われている「フェレット」や絶滅危惧種で天然記念物認定をされている「オコジョ」も、イタチの仲間になります。

日本にいるイタチについて

イタチは世界中に幅広く分布していますが、日本にいるイタチは在来種の「ニホンイタチ」と外来種の「チョウセンイタチ」の二種類です。

「ニホンイタチ」は日本に昔からいる在来種です。しかし、北海道や南西諸島では外来種として扱われ、在来種を圧迫しています。

ニホンイタチは現在数が減っているため、害獣被害や街中で見かけるイタチは、外来種であるチョウセンイタチがほとんどです。

イタチが及ぼす健康へのリスクについて

イタチの身体にはノミ、ダニや病原菌が大量に付着しています。そのため直接触るのはご法度です。ここまではなんとなくご想像いただいていた方も多いかと思いますが、イタチに触れてはいけないことを心がけていたとしても、イタチが住み着いているだけで健康が脅かされてしまいます。

イタチが家に住み着くと、糞や尿が屋根裏などに溜まります。そしてその糞尿を放置し、ハエなどの害虫が大量に湧いた結果、かなり不衛生な状態になってしまうのです。

イタチが出す騒音について

また、糞尿の悪臭や騒音によって及ぼされる精神的被害はかなり大きいです。イタチは夜行性で、昼よりも夜に動くため、夜中、屋根裏からドンドンと音がして眠れないこともあります。不眠は、精神的負荷はもちろん、うつ病や糖尿病、高血圧などさまざまな病気の原因になりますので、注意したいところです。

イタチの放つ悪臭は凄まじい

また、イタチの放つ悪臭は凄まじいものがあります。

イタチはスカンクと同様に、肛門回りに臭腺を持っています。そして外敵に襲われた時、この臭腺から悪臭が放出されます。

つまり、「スカンクといえば臭い」というイメージがありますが、イタチにもまた、そのスカンクと同じ器官があるということです。それを考えると、イタチがどれだけ臭いのか分かっていただけると思います。

イタチの糞も、他の害獣とは比べ物にならないくらい臭いです。

イタチは肉食寄りの雑食性であり、昆虫・両生類・爬虫類・鳥類・哺乳類肉・魚から野菜や果物まで様々なものを食べます。肉食獣の糞は臭い傾向にあるので、肉食寄りの雑食動物であるイタチの糞もかなり臭います。

そんな、かなり臭くて不潔なイタチの糞が、簡単には掃除できない屋根裏に溜まっていくのです。その様子を考えただけでとゾッとしてしまいますよね。

イタチの持つ病原菌とは?

イタチは、以下の病原菌を保菌している可能性があります。

イタチが保菌している可能性のある病原菌 主な症状
サルモネラ菌
食中毒を引き起こす。小児や高齢者など場合、脱水症状により命に係わる深刻な状態なることも
レプトスピラ菌
発熱、筋肉痛、目の充血、下痢、嘔吐、頭痛
鼠噛症菌
悪寒、発熱、頭痛、嘔吐、筋肉痛
ハンタウイルス
発熱、頭痛、悪寒、脱力、めまい、背部痛、腹痛、嘔吐、目の充血など出血症状。重症化すると3〜15%の確率で死亡する

繰り返しになってしまいますが、近所や家の中でイタチらしき動物を見かけて気になったとしても、絶対触らないようにしましょう。上記のような恐ろしい病気にかかってしまう可能性があります。

イタチのダニ・ノミ被害について

イタチにはノミやダニが大量に付着しています。そんなイタチの身体が媒介となって、ノミやダニがカーペットや布団に移った結果、家中ノミやダニだらけになってしまうこともよくあります。

「ノミやダニであればよく聞く名前だし、サルモネラ菌やハンタウイルスに比べたらマシだろう」と侮ってはいけません。ダニやノミというのは、恐ろしい感染症を引き起こす生物なのです。

ダニの被害

アレルギー性の喘息やアトピーなどの症状がある方の70~80%以上がダニやハウスダストが原因と言われています。特にダニの標的になりやすいのが、小さな子供です。

ダニはわき腹、下腹部、太もも・二の腕の内側といった、皮膚の柔らかい部分を好みます。子供の皮膚は大人と比べると薄いので、ダニの被害に合いやすいのです。

子供がダニの被害をきっかけに、アレルギー体質になってしまうことも少なくありません。

アレルギー性の喘息やアトピーというのは、一度発症してしまうと完治が非常に難しい病気として知られています。これから先、何十年も病気と付き合って生きていかなければならない可能性も十分考えられます。

ノミの被害

ノミは、ダニに比べると刺される頻度は低いですが、強い痒みを引き起こします。刺された後、水膨れに似た症状になってしまうこともあります。

また、ノミもダニと同じく、「ノミアレルギー性皮膚炎」というアレルギーによる皮膚疾患を引き起こします。この皮膚炎に一度発症してしまうと、ノミが一匹いただけで再発してしまう恐れもあります。

どれだけ家を清潔にしていても、ノミ一匹くらいなら職場や学校で遭遇しやすいですよね?「ノミアレルギー性皮膚炎」は、一度かかってしまうと非常に厄介です。

病気にならないためには

たとえイタチに触らないことを心がけたとしても、イタチの糞尿やダニ、ノミによって病気になってしまう可能性は避けられません。では、病気になることを防ぐためには、どのような対策をしていけばいいのでしょうか?

イタチを駆除する

病気になることを防ぐためには、病気になる根本的な原因を排除する必要性があります。つまりここではイタチを駆除したり、追い払ったりする必要性です。

ただ、率直にいうと、イタチの駆除はかなり難易度が高いです。

その根拠としてまず挙げられるのが、イタチの稀に見る凶暴性です。イタチに飼育動物が襲われてしまったというケースもありますので、イタチ駆除にはかなりの危険が伴います。

また、実は「鳥獣保護管理法」という法律によって保護対象であると位置付けられています。そのため、個人で処理を行ってしまうと、法律違反で罰金が発生する可能性があります。

清掃・消毒を行う

イタチがいなくなった後の、清掃や消毒作業もかなりハードな作業です。「イタチが住み着いていた不衛生な場所を消毒、清掃する」となると、それこそ、前述したような感染症にかかってしまってもおかしくありません。また、糞尿の臭いや見た目の汚さなど、非常に不快感の強い作業でもあります。

このように、自力での対処はあらゆる面から厳しいです。無理せずイタチ駆除専門業者へ頼むことをお勧めします

ハウスプロテクトなら安心

イタチ駆除専門業者の「ハウスプロテクト」ならイタチの徹底駆除はもちろん、消毒やダニ駆除、再発防止まですべて一任していただけます。

イタチ駆除のプロが責任を持って担当いたしますのでご安心ください。

電話・メール相談を無料で行っておりますので、まずはお気軽に相談だけでもしてみてください!

>「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「自力で対策するのはちょっと…」 「いろいろ試したがうまくいかない…」
そんな時は当社のプロにお任せください!
まずは無料調査・お見積りから!

CTR IMG
電話をかける ハウスプロテクトHPへ