イタチを自分で駆除する危険性は?本当に業者に頼むのが良いの?

「イタチを自分で駆除しても大丈夫なのかな?」と、お調べではないでしょうか。

イタチは人間や住宅にさまざまな被害を与えるので、早めにいなくなってほしいとお考えだと思います。

しかし、イタチを自分で駆除するのは危険性があるので注意が必要です。

そこで今回は、イタチを自分で駆除する危険性や、危険性の低い対策、確実にイタチ被害を抑える方法などについてご紹介させていただきます。

イタチに関する危険性について知って、予想外のトラブルを予防しましょう

イタチを自分で駆除するのは危険性がある

イタチを自分で駆除するのは危険性がある

イタチを自分で駆除するのには、いろいろな危険性があります

代表的なイタチ駆除の危険性は、以下の通りです。

  • 噛まれてしまう
  • 引っ掻かれてしまう
  • ダニやノミでアレルギーになる
  • 感染症にかかる

イタチは上に挙げたようないろいろな被害をもたらすと、多くの市区町村で注意喚起がなされています。

(参考:イタチについて | 枚方市ホームページ

イタチを駆除するときは襲われないように注意するとともに、イタチが運んでくるダニやノミ、病原菌などにも注意しなければなりません

イタチの被害については以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方は参考にしてください。

【臭い・感染症・騒音】イタチの被害について撃退方法も一緒に解説

イタチは駆除しても戻ってきやすい

イタチは一度追い出しても何度も戻ってきます

せっかく危険をおかしてまで駆除をしたのにすぐに戻ってきてしまうとなると、精神的にもダメージが大きいでしょう。

「駆除しても駆除しても意味がない」とノイローゼにならないようにも注意が必要です。

安易にイタチ駆除を始めてしまうと思いもよらない事態になって後悔することも多いので、自分で行うかどうかは慎重に判断してください。

イタチを放置しておくのも危険!

イタチを放置しておくのも危険!

イタチ駆除は危険が伴うとお伝えしましたが、イタチを放置しておくのも危険です。

たとえばイタチによる被害には、以下のようなものがあります。

  • 足音による騒音
  • 糞尿による衛生面の悪化
  • 悪臭のような生活環境の悪化

(参考:吹田市|イタチの被害について

イタチは夜行性なので、屋根裏に住みつかれると深夜を中心に騒音被害が発生します。

連日連夜騒がれることによって、精神的に病んでしまう人も珍しくありません。

また、同じ場所に排泄する習性があるので、糞尿による被害が深刻になりやすいです。

イタチが住みつきやすい屋根裏の被害については、注意を払っておいたほうが良いでしょう。

屋根裏に関する被害は大きくなりやすい

イタチによる屋根裏の被害は、気づくのが遅れて大きくなりやすいです。

家のなかで軽くでも獣のニオイを感じる場合には、屋根裏はすでにイタチの糞尿によって悲惨な状況になっていることもよくあります。

また、イタチは屋根裏にあるグラスウールなどの断熱材を勝手に利用して巣を作ることも多いです。

断熱材には住居内を適切な温度に保つ役割があります。

グラスウールを巣作りで使ってボロボロにされてしまうと、家の中の温度調整が難しくなってしまうので注意が必要です。

糞尿による悪臭が強すぎて普通の生活ができなくなることもあるほど、イタチによる被害は大きくなることが珍しくありません。

したがって、駆除にリスクがあるとはいえ、イタチを放置することはオススメできません

イタチ駆除のために自分でできる危険性の低い対策

イタチ駆除のために自分でできる危険性の低い対策

「まずは自分でイタチ駆除に挑戦してから業者に頼むかを決めたい」という方もいらっしゃるでしょう。

イタチ駆除のためにご自身でできる危険性の低い対策がいくつかありますので、ご紹介させていただきます。

ご自身でイタチ駆除をしてみたい方は、以下の順に対策してみましょう。

  1. ホームセンターで木酢液や竹酢液、クレゾール石鹸液を購入する
  2. 雑巾に買ってきた液を染み込ませて皿の上に置く
  3. 天井裏やイタチが通っていそうな場所に設置してイタチを追い出す
  4. 建物にまたイタチが入ってこないように侵入口を塞ぐ

(参考:家にイタチが住みついた場合、どうしたらよいですか/衛生・動物/ペット・動物 | 豊中市

イタチの嫌がるニオイを発する物で家から追い出し、再侵入を防ぐという流れです。

イタチが家にいるかもしれない状況で侵入口を塞いでしまうと、出れなくなったイタチがそのまま死んでしまう恐れがあります。

したがって、先に家の中からイタチを追い出して、再侵入を防ぎましょう。

ただし、イタチの侵入口をすべて塞ぐのは、専門家でなければ難しいです。

イタチの侵入口はひとつではないことも多く、普段の暮らしでは見えないような意外な場所から侵入されていることもあります。

追い出しと再侵入を繰り返すことになるケースも珍しくないので、何度か試しても改善されないなら専門の駆除業者に頼むことも考えましょう。

注意!イタチの無許可での捕獲は禁止!

ちなみに、イタチは鳥獣保護管理法によって、無許可での捕獲は禁止されています。

何度追い出しても帰ってきてしまうからといって、勝手に捕獲するのはやめてください。

また、許可があるとしても、捕獲できるのはイタチのオスだけです。

イタチの捕獲手続きについては以下の記事で詳しく解説しているので、興味のある方は読んでみてください。

【法律・行政への申請】イタチの捕獲や駆除に関する手続きについて解説

イタチの危険性から身を守るには業者に依頼するのが安心

イタチの危険性から身を守るには業者に依頼するのが安心

イタチの危険性から身を守るには、専門の駆除業者に依頼するのが安心です。

駆除の知識や経験が豊富にある業者に依頼すれば、短時間で安全にイタチを駆除してもらえます。

業者に依頼するメリットは、危険性がないだけではありません。

イタチの糞尿の清掃や除菌までやってもらえるのも、専門業者に依頼するメリットです。

先ほどイタチは同じ場所に排泄を行うとお伝えしましたが、ご自身での掃除は非常に大変な作業となります。

ニオイが強く衛生面も悪いので、自力での清掃はオススメできません

せっかくイタチを追い出したのに、残された糞尿から病気にかかるのは避けたいはずです。

業者に依頼して、確実に安心して生活できる環境を取り戻しましょう。

イタチ駆除なら当社にお任せください

害獣駆除ならハウスプロテクト

イタチ駆除の業者をお探しでしたら、当社「ハウスプロテクト」にお任せください!

ご自身でできる限りの駆除をするのも良いですが、イタチ駆除にはさまざまな危険が伴います。

害獣駆除は難易度が高く、「こんなはずではなかった」と後悔する方が多くいらっしゃいますので、専門家に依頼するのが確実です。

当社にお任せいただければ、追い出しや清掃、除菌、消毒などはもちろんのこと、再侵入もしっかりと予防いたします

イタチ被害は再発しやすいですが、当社は最長で10年の保証をつけることも可能です。

実は、イタチのような害獣を駆除する業者の中には、再発防止のノウハウが乏しい業者も少なくありません。

せっかくイタチを駆除して安心な暮らしを取り戻しても、またすぐに元に戻ってしまうようでは意味がないので要注意です。

現地調査やお見積りは無料で行わせていただきますので、365日24時間いつでもお問い合わせください!

まとめ

自分でイタチを駆除するのには、いろいろな危険性があります。

イタチは病原菌やアレルゲンであるダニやノミを運んでくる上に性格も凶暴なので、駆除の際には注意しなければなりません。

とはいえ、イタチを放置したままだと人間や住宅に大きな被害が出てしまいます。

自分でできる範囲の駆除を試して解決しないようなら、可能な限り早めに専門の駆除業者を呼ぶのが良いでしょう。

もしもイタチ駆除の業者をお探しでしたら、ぜひとも当社「ハウスプロテクト」にお任せください!

>「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「自力で対策するのはちょっと…」 「いろいろ試したがうまくいかない…」
そんな時は当社のプロにお任せください!
まずは無料調査・お見積りから!

CTR IMG
電話をかける 問い合わせフォームへ ハウスプロテクトHPへ