ネズミ駆除に補助金が出る?利用条件と対象外だった場合にできる対策

「ネズミ駆除を業者に依頼するときに使える補助金はないのかな?」とお調べではないでしょうか。

ネズミ被害に悩まされていて駆除を考えたとき、心配なのが費用の面だと思います。

しかし、必ずしもご自身が利用できる補助金があるわけではありません

ネズミ駆除を後回しにすると被害がどんどん大きくなってしまいますので、今回は補助金についてだけではなく、補助金を利用できないケースで少しでも安く駆除を依頼する対策もご紹介させていただきます。

ご自身ができる対策を理解し、お得にネズミ駆除を依頼しましょう。

ネズミ駆除の補助金とはどういうもの?

ネズミ駆除の補助金とはどういうもの?

ネズミ駆除の補助金とは、駆除にかかるお金を市区町村などに補助してもらう制度のことです。

補助してもらったお金は、返す必要はありません。

補助金は、趣旨や目的に合致する人を応援するために存在しています。

ネズミ駆除補助金の場合は、安心・安全な街作りを応援するために作られる場合が多いです。

ただし、補助金は必ずしも駆除にかかる費用のすべてを出してもらえるわけではありません。

補助の上限額が決まっていることも多く、ある程度は自分で費用を負担しなければならないケースも珍しくないので要注意です。

また、補助金を使うためには、審査を受けて合格しなければならないケースもあります。

補助金を使う際の手順

ネズミ駆除の補助金に限りませんが、補助金を使う際には、以下のような手順を取ることが多いです。

  1. 自分の使える補助金がないか調べる
  2. 補助金の利用申請を行う
  3. 審査に合格する
  4. 駆除を行う
  5. 領収書を提出して補助金を受け取る

補助金は後払いな場合が多いです。

したがって、補助金を受け取るまでは領収書をなくさずに管理しなければなりません。

また、自分の使える補助金がない場合も多いですし、申請すれば必ず通るわけではありません

しかし、駆除費用の負担が軽くなるのは嬉しいメリットです。

東京都中央区が行うネズミ駆除の補助金について

東京都中央区ネズミ駆除補助金

(引用:地域ねずみ駆除・防除等促進事業補助金のご案内 中央区ホームページ

「補助金なんて使ったことがないし、あまりイメージが湧かない」という方も多いと思います。

ここで、東京都中央区が実際に行っているネズミ駆除の補助金について見ていきましょう

東京都中央区の補助金は個人が対象ではありませんが、補助金についての用語や計算方法について参考になるはずです。

参考:
地域ねずみ駆除・防除等促進事業補助金のご案内 中央区ホームページ

東京都中央区のネズミ駆除補助金は、清潔で安心・快適な街作りを目的に作られました。

補助金の対象となるのは、自治会や商店街が自主的に取り組んだネズミ駆除の費用です。

つまり、個人では申請できない点には気をつけましょう。

ネズミ駆除にかかった費用のうち、2/3を補助してもらえます

ただし、長期的に効果のあるネズミ駆除が求められており、再発予防まで行うことが補助金利用の条件です。

補助対象となる経費は?

補助金は、具体的に何に使った金額なら補助されるのかが決まっています

東京都中央区のネズミ駆除補助金における、駆除の場合の対象経費は以下の通りです。

  1. 駆除計画を決めるための費用
  2. 駆除業者に支払う費用
  3. 殺鼠剤や捕獲器のような駆除グッズの購入費
  4. ねずみ駆除についての講習会の開催費
  5. 死骸処理のための費用
  6. 区長が特に必要と認める費用

再発予防の場合は、以下の通りです。

  1. 防除計画を決めるための経費
  2. 防除業者に支払う費用
  3. 巣穴の封鎖や侵入経路の遮断などのグッズの購入費
  4. ねずみ防除についての講習会の開催費
  5. 区長が特に必要と認める経費

駆除グッズを買う費用から業者に支払う費用まで認められており、幅広い用途で活用できる補助金だといえるでしょう。

補助金には限度額もある

ネズミ駆除の費用の2/3を補助してもらえると説明しましたが、駆除を行う団体の人数によって限度額も決まっています

東京都中央区のネズミ駆除補助金の限度額は、以下の通りです。

団体の人数限度額
100人以下40万円
101~200人80万円
201~300人120万円
301~400人160万円
401人以上200万円

たとえば、100人以下の団体がネズミ駆除を行うなら、最大40万円が補助されます。

補助金の計算方法

東京都中央区のネズミ駆除補助金では、以下のいずれか少ないほうの金額が交付されます。

  1. 対象となる駆除費用 × 2/3で求めた金額
  2. 補助上限額

つまり、駆除にかかった費用に2/3を掛けたときに、上限額までならその金額、上限額を超えていたなら上限額が補助されるのです。

たとえば20人の自治会が駆除を行って、72万円かかったケースを考えてみましょう。

「72万円×2/3=48万円」となりますが、100人以下の団体なので上限額は40万円です。

したがって、少ないほうの金額である40万円が補助されます

以上、東京都中央区のネズミ駆除補助金について解説しました。

補助金によって細かな内容は異なりますので、ご自身が補助金を利用するときは詳細までしっかり確認してください。

ネズミ駆除に補助金を使うときの注意点

ネズミ駆除に補助金を使うときの注意点

ネズミ駆除の補助金を使う前に、知っておくべき注意点もあります。

それは、補助金の利用目的が決められていることと、駆除後も経過チェックされる可能性があることです。

利用目的については補助金によりますので、申請前にしっかり確認しましょう。

駆除後のチェックについてですが、駆除の効果が認められた場合のみ補助金が支給されるというケースもあります。

せっかくお金をかけて駆除したのに、効果のないやり方で行ったせいで補助金が受け取れないこともあるので気をつけてください。

「上限額に収まるように安く済ませよう」と考えると、申請が通らず損をしてしまうおそれがあるので要注意です。

ネズミ駆除補助金が使えないときに費用を安く済ませるコツ

ネズミ駆除補助金が使えないときに費用を安く済ませるコツ

ここまで補助金について解説してきましたが、ネズミ駆除補助金を行っていない市区町村も多いです。

「自分が使えそうなネズミ駆除補助金がない」とガッカリしている方もいらっしゃると思います。

補助金が使えないときは、以下の方法で少しでも費用を抑えましょう

  1. ネズミが好まない環境に整える
  2. できる範囲で自力で駆除する

いずれかだけでも行えば、業者に依頼したときの費用を抑えやすいです。

それぞれについて、順番に見ていきましょう。

ネズミが好まない環境に整える

まずは、ネズミが好まない環境に整えることができないか考えましょう。

ネズミのエサになるものや、巣になるものを片付けることが大切です。

そうすることで、ネズミがとどまりにくい環境にできます。

ネズミが好む環境や好まない環境については、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

【汚い家・部屋】ネズミが好む環境と対処法を専門家が解説

できる範囲で自力で駆除をする

できる範囲で自力で駆除を試してみるのも良いでしょう。

市販のものを使った場合も、ある程度は駆除の効果が見込めます。

ただし、侵入経路の封鎖のような専門的な作業も行わなければ被害が再発するので、あくまでも業者に依頼する前の準備として駆除を試すのがオススメです。

ご自身でのネズミ対策については、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

【プロが解説DIY】自力でできる!ネズミ退治の初期段階で自分で行える対策

専門のネズミ駆除業者に依頼するときのポイント

専門のネズミ駆除業者に依頼するときのポイント

ネズミ駆除を業者に依頼するときには、料金以外のポイントにも気を配るべきです。

単に安さだけで業者を選んでしまうと、すぐに再発して結果的に何度も業者に駆除費用を支払うことにもなりかねません。

業者を選ぶときは、技術力があって、親身になって話を聞いてくれる会社を選ぶのがオススメです。

親切な業者なら予算の範囲内で複数のプランを提案してくれるので、安心してください。

ネズミ駆除業者の選び方については、以下の記事で詳しく解説しています。

【専門家解説】ネズミ駆除専門業者の失敗しない選び方とは?

ネズミ駆除業者をお探しでしたら

害獣駆除の専門業者をお探しでしたら

ネズミ駆除業者をお探しでしたら、ぜひとも当社「ハウスプロテクト」にお任せください!

害獣駆除を安く済ませたいなら、技術力のある会社に依頼するのがオススメです。

技術力がある業者なら、再発防止もしっかり行います。

最終的にかかる費用が少ないのは、丁寧な施工を行う専門性の高い会社でしょう。

当社は顧客満足度調査で三冠を達成したほか、Googleの口コミにおいても多数の高評価をいただいております。

また、高い技術力がございますので、業界でもトップクラスの10年間の安心保証をつけることも可能です。

ご相談や現地調査、お見積り、出張費用はすべて0円ですので、いつでもお気軽にお問い合わせください!

ネズミ駆除でハウスプロテクトを選ぶべき3つの理由!技術力や評判をお伝えします!

まとめ

ネズミ被害に悩まされていて駆除を考えているときに、心配になるのが費用の面です。

ネズミ駆除に関する補助金は、残念ながら誰しもが利用できるわけではありません

しかし、ネズミ駆除を後回しにすると被害がどんどん大きくなってしまいます。

今回は補助金についてだけではなく、補助金を利用できないケースで少しでも安く駆除を依頼する対策もご紹介させていただきました。

ご自身ができる対策を理解し、お得にネズミ駆除を依頼しましょう。

もしもネズミ駆除の費用が気になるなら、当社「ハウスプロテクト」が無料で行う現地調査と見積もりをお受けください。

「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「自力で対策するのはちょっと…」 「いろいろ試したがうまくいかない…」
そんな時は当社のプロにお任せください!
まずは無料調査・お見積りから!

CTR IMG
電話をかける 問い合わせフォームへ ハウスプロテクトHPへ

h