【プロが解説DIY】ハクビシンが嫌いなニオイって?持続時間はどれくらい?

近年では、市街地や住宅地に生息範囲を広げているハクビシン。ねずみとは違い猫ほどの大きさがあるので、天井裏や屋根裏にハクビシンがいると大きな音がしてびっくりします。自分でハクビシンを家から追い出せないかと、考えている人もいるのではないでしょうか。

しかしハクビシンは「有害鳥獣」と認定されていますが、「鳥獣保護法」により保護されているため、許可なく駆除や捕獲をすることはできません。今回はハクビシンが苦手な臭いを使い、追い出す方法について解説します。ぜひ参考にしてくださいね。

ハクビシンの嫌いな臭いで駆除は可能?

ハクビシンは非常に臭いに敏感な動物です。ハクビシンが苦手な臭いを利用して、「家の中に入りづらくする」ことができます。簡単にハクビシンが嫌いな臭いで対策ができるのは「市販の忌避剤」ですが、身近にあるものでも代用が可能です。

ハクビシンは、刺激のある強い臭いを嫌がります。なかでもニンニクや唐辛子、石油系の臭いが苦手です。また木材が燃える臭いを嫌う傾向があり、木炭などを製造する時に発生する煙の成分を冷やし、抽出した燻臭のする液体「木酢液」もハクビシンが嫌う臭いのひとつです。

ほかにもハクビシンの外敵とされるオオカミのおしっこなどの臭いを、本能的に避ける傾向があるので、追い出す方法としての効果が期待されます。

ニンニクを使用した方法

ニンニクを使用した対策方法はペットボトルに複数の小さな穴を開けておき、潰したニンニクを入れて置いておくことで忌避剤の代用品になります。

木酢液を使用した方法

木酢液は市販で売っている原液を水で薄めて使用。こちらも穴の開いたペットボトルを使用して、薄めた木酢液を屋外に置いておくと一定の効果が期待できます。

また薄めた木酢液をスプレーに移し替え散布する方法もありますが、2~3日に1回のペースでおこなう必要があるので、根気が必要です。天井裏や屋根裏に散布することで予防対策としても使用ができます。

市販で購入できる忌避剤

ハクビシンが苦手な臭いを使用した忌避剤は、ホームセンターやインターネットで気軽に購入が可能。こちらでは代表的な忌避剤をご紹介します。

▼ 強力忌避剤一番 固形タイプ

固形タイプでどこにでも置ける忌避剤です。

木酢液や木タール、ニンニクとセラミックセメントで作られています。天然の素材で作られているので安心して使用が可能。

匂いと色が付着する恐れがありますので、使用する時はビニール手袋をご用意ください。また、お子さまの手の届かない所に保管をお願いします。

使用期間:約2ヵ月

▼ 獣除け線香

 

蚊取り線香のように火を付け、ハクビシンがいそうな場所に置くだけなので、簡単で取り入れやすい忌避剤です。

ハクビシンが嫌いな唐辛子のカプサイシンの臭いがすることにより、効果を発揮します。

ペットを飼われている方は影響がある場合があるので、注意してご使用ください。

効果がある動物:猫、イタチ、狸、ハクビシンなど

 

▼ ハクビシンなぜ逃げる

ハクビシンが嫌う刺激臭で寄せ付けないようにする忌避剤です。

使用方法はハクビシンに来てほしくない場所にぶら下げて使用します。また赤いシートをゆらゆらさせることにより、視覚を刺激して侵入を防ぎます。

こちらの忌避剤も天然成分で作っているので安心ですね。使用期間も長めなので、予防対策したい人にもおすすめです。

ペットを飼われている人は影響がある場合があるので、注意して使用してください。

使用期間:約1年

▼ 無添加 狼尿

オオカミの尿で作られた屋外で使用する忌避剤です。

使用方法は、商品とセットになっているディスペンサーに30ml程入れ、保護したい場所の周りに3~4m感覚で設置します。

ハクビシンはオオカミの臭いがすると、本能的に危険を察知することにより寄せ付けません。また動物全般に影響がある可能性があるので、ペットを飼われている人は注意が必要です。

使用期間:30mlの充填で約1ヵ月

出典画像:Amazon

臭い対策の効果はどのくらい持続が可能?

ハクビシンの嫌いな臭いを使って追い出すことは可能です。しかし時間が経つとハクビシンが臭いに慣れるので、効果を得られなくなり他の対策を考える必要が出てきます。

ハクビシンの駆除は早い対応が必要

ハクビシンは非常に繁殖力が高く、生後10か月で出産が可能となります。出産のサイクルは1年に1回ですが、妊娠期間はわずか2ヵ月。駆除するまでに時間を要すると、個体数がどんどん増え被害も大きくなります。

またハクビシンは「鳥獣保護法」により保護されているため、勝手に罠をしかけて捕獲したり駆除をしたりすることができません。もし勝手にハクビシンに「罠」などを設置すると法律違反になるので、絶対に許可なく「罠」などを仕掛けないでください。

自分で駆除をする場合は、猟銃免許と市町村の許可があれば、駆除や捕獲が可能。しかしハクビシン被害に困っていてすぐに対処したい人は、プロの専門業者に相談することで早期解決に繋がります。

ハウスプロテクトの無料相談窓口

完全にハクビシンを駆除したい場合

ハクビシンを忌避剤や嫌いなニオイで追い出した後に、再発を防止するためには侵入口の閉鎖が必須。ハクビシンは握りこぶし位の大きさがあれば侵入できるので、小さな穴でも塞ぐ必要があります。

さらにハクビシンは噛む力がとても強いので、侵入口を塞ぐなら金属などの硬く壊れにくいもので対策をしてください。また侵入口が狭い隙間などにある可能性もあります。自分で無理に塞ごうとすると、危険を伴うので注意が必要です。

弊社ハウスプロテクトのホームページに「ハクビシン駆除の施工事例」があるので、ぜひ参考になさってください。

プロによるハクビシンの駆除

屋根裏の殺菌

プロによる害獣駆除を簡単に説明させて頂きます。

  1. お問合せを頂きましたら、まず現地調査へ伺い無料でお見積もりを提示いたします。
  2. 駆除内容や現状の把握、作業手順などを説明させて頂きます。
  3. 不明点などありましたら、何なりとご質問をしてください。
  4. 駆除当日、市販より効果が高い業務用の燻煙材を使用して、ハクビシンを追い出します。
  5. 金属製のプレートで侵入口を閉鎖。
  6. 狭い侵入口でも、完全に封鎖して再発防止に努めます。
  7. 清掃などを行い、消毒や消臭をします。

またハクビシンは、同じ場所に糞を貯める習性「ため糞」があります。トイレに使用していた場所が天井裏や屋根裏の場合は、木材が腐敗して天井などが落ちる可能性があるので修繕が必要となります。

そのような場合でも、ハウスプロテクトはリフォーム会社が母体となっているので対応が可能。害獣の駆除に対する知識や経験はもちろんですが、再発防止施工にも自信があります。

自然の動物は病原菌や寄生虫がいるので、健康被害も心配です。駆除作業時に弊社ハウスプロテクトでは、清掃や消毒、消臭作業も承りますので安心してお任せ下さい。

さいごに

ハクビシンが苦手な臭いを使用することにより、追い出すことは可能です。しかしニオイに慣れてしまうと効果が薄れるので、再度違う対策が必要となります。

また猫ほどの大きさがある「ハクビシン」を追い出す作業は、時間と労力が必要となります。しかもハクビシンは攻撃的な部分があるので、対応には十分な注意をしないと危険ですね。

安心安全を考慮し早急な駆除を目指すならプロに任せることをおすすめします。

ぜひハウスプロテクトへ気軽に相談してください。

 

>「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「再発させない」害獣駆除ならハウスプロテクト

「自力で対策するのはちょっと…」 「いろいろ試したがうまくいかない…」
そんな時は当社のプロにお任せください!
まずは無料調査・お見積りから!

CTR IMG
電話をかける ハウスプロテクトHPへ